2012年08月18日

「MARCO 母をたずねて三千里」観ました。

「フランダースの犬」「アルプスの少女ハイジ」に続いて、「MARCO 母をたずねて三千里」がありました。

私が良く見たのはこの3作です。

「あらいぐまラスカル」「ペリーヌ物語」までは見ました。

「あらいぐまラスカル」のスターリングが淡々と話すところや、「ペリーヌ物語」のなんだか難しいところ・・・そして何より子供心にショックだったのが、キャラクターデザイン。。。

大人びた顔に、今一つとっつきにくかったのを覚えています。
そして、「赤毛のアン」。。。

女の子は「赤毛のアン」が好きだと思われていますが、私は、「いじめ」られる作品が好きではありません。
例えば「キャンディ・キャンディ」なんか。。。

だから、上の3作品には思い入れがたっぷりあるのです黒ハート


9歳のマルコがイタリアのジェノバから船に乗って、音信不通になった母親を探しにアルゼンチンのブエノスアイレスまで行く物語です。

最後はお母さんに会えるのですが、その途中、いろいろな苦難に遭いながらもいろいろな人に助けられ旅する物語です。

娘にも言いました。
「やさしく正直に頑張ってると、みんなが助けてくれるんだよ黒ハート」って。

私の好きなこのシーン

201108081722444e5[1].jpg

泣いてしまいましたが、娘には解らなかったようで。。。

そして、私が一番好きなこのシーン・・・

20111026025747[1].jpg

マルコとパブロの友情も、解らなかったようです。

「フランダースの犬」ではあんなに泣いていたのに。。。

やっぱり子供には、あれぐらいやらないと解らないのかもしれませんね。。。あせあせ(飛び散る汗)

カルピス劇場とは違うところもたくさんありましたが、「草原のマルコ」もBGMに入っていたし、私の欲しいシーンはあったので黒ハート良かった。
絵も、良い感じだったし。
とにかく、勇気を与えてくれる作品でした。

そして、映画版ではパブロとの友情から、貧しい人を診るために医者になってアルゼンチンへ行ったのでは?と、私は思っていまっす。本当のところはどうでしょう?


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 17:37| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「アルプスの少女 ハイジ」

「アルプスの少女ハイジ」観ました。

アルプスの少女ハイジ リマスターDVD-BOX [ 杉山佳寿子 ]
アルプスの少女ハイジ リマスターDVD-BOX [ 杉山佳寿子 ]

全部で4時間ぐらいあったのかしら???
夏休みで子供向けでしょうか?
2日間ありましたね。揺れるハート


私は、リアルタイムで観た世代ですが、何回見てもいいアニメ。黒ハート

この短い版にはありませんでしたが、はじめ”おんじ”は、偏屈どころか、村の人に人殺しとまで言われていました。あせあせ(飛び散る汗)


後半のおんじは、クララのために、いろいろ医術的にも?(マッサージしたりとか、リハビリしたりとか)協力していましたが・・・
そこらへんが、「フランダースの犬」もそうでしたが、子供相手なので”そこまでやるか表現”をしないと分からないのかもしれませんね。。。


私は昔から”おんじ”が大好きでしたが黒ハート

ストーリーはみんな知っていますよね。
みんな

img4546e57azikczj[1].jpg

このシーンが好きですか?

私はもちろん

201112040334090d2[1].jpg


このシーンが大好きです。


みんないい人に書かれていて、安心して観ることが出来ます黒ハート

大人になって考えると、ハイジを押し付けられたデーテにも言い分があること・・・
ロッテンマイヤーさんも、意地悪ではなく、クララのことを思っているだけだということ。
そう、私も子供に言いますよ。
「手で食べるな」とか、「立って食べるな」とか・・・たらーっ(汗)


そう、結局、みんないい人でした黒ハート


何回見てもいい作品です。
今回一番良かったのは、子供と一緒に見ることが出来たということ。

最近のアニメ番組は、いろいろ御託を並べて難しかったりしますが、こんなストレートな番組が、子供には一番いいんじゃないかと思いました。黒ハート

そして、ハイジの様に我慢をしたり、クララの様に頑張ったり、そんなことを大きくなる間に思い出してくれると嬉しいです。黒ハート

アルプスの少女ハイジ (角川文庫) [文庫] / ヨハンナ シュピリ (著); Johanna Spyri (原著); 関 泰祐, 阿部 賀隆 (翻訳); 角川書店 (刊)
アルプスの少女ハイジ (角川文庫) [文庫] / ヨハンナ シュピリ (著); Johanna...


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 15:55| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月14日

劇場版〜フランダースの犬〜 観ました。

フランダースの犬は、本放送で観ていました。黒ハート

ちなみに、私はモダンバレエ?を習っていて、主題歌の「夜明けの道」で踊り、アロアをやったのを覚えています。

ec90a7eaa51e846d985e5b7e1ea6af19[1].jpg

このレコード、持ってましたよ。。。

気持ちが入りそうなものですが、怒涛のように不幸な作品に、目をそむけてしまいます。あせあせ(飛び散る汗)

でも、私が見たカルピス劇場は、やはり子供向け・・・これでもか!これでもか!!と、貧乏を描いていました。

そう、この劇場版はまだましなのです。揺れるハート

【送料無料】劇場版 フランダースの犬/アニメーション[DVD]【返品種別A】
【送料無料】劇場版 フランダースの犬/アニメーション[DVD]【返品種別A】

ま、ストーリーは、言わずもがなですが・・・
アロアは大人になって、シスターになっているのですね・・・。
やはり、ネロのことを悔いているのでしょうか?
でも、俗世を離れる日本の尼さんとは違って、サウンドオブミュージックのマリア然り、「先生」のようなものなのでしょうね。


でないと、コゼツが許さないでしょう。失恋
で・・・どうでしょう。

位置づけとしては、「マッチ売りの少女」と同等に見ています。

日本人にはよく解りませんが、
「マリア様の元へ行くこと」=幸せ・・・
の、宗教の色が濃く出た作品だと思います。

でないと、あんなに、貧乏でありながら、正直に生きていたのに・・・
あれが貧乏でなかったら、風車小屋の犯人にもされなかったことでしょう。
あれは貧乏という立場が犯人へと仕立てあげるという、自分が村八分にされないために人を悪者にする・・・
まるでいじめのようです。
人間の腹黒さや弱さ、悲しさを表現していると思います。


それでいて救われない!!

と、日本人なら誰しも思ってしまいますよね。

これが外国人なら・・・
お母さんやおじいさんの元へ、パトラッシュと一緒に行けて幸せだった・・・。
という結末になるのでしょうか???

カルピス劇場の時は・・・
おじいさんやお母さんの元へ行けるとか、寒さや飢えに困ることはありません・・・。
みたいなナレーションがついていましたが、どうなんでしょうね。。。


実際は、クリスマスの夜に、教会のルーベンスの2枚の絵の前で死んでいるという客観的事実なのですが。。。

でも、きっと、ネロは、ルーベンスの絵を見て満足だったのでしょう。黒ハート
そう思わないと、救われません。
やっぱり名作ですね。たくさん泣きました。黒ハート


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 16:44| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。