2013年01月19日

「街の灯」観ました。

久しぶりに「街の灯」観ました。

街の灯 (2枚組) [DVD] / チャールズ・チャップリン, ヴァージニア・チェリル, フローレンス・リー, ハリー・マイアーズ, アラン・ガルシア (出演); チャールズ・チャップリン (脚本); ローランド・トザロー, ゴードン・ポロック (映像); チャールズ・チャップリン (監督)
街の灯 (2枚組) [DVD] / チャールズ・チャップリン, ヴァージニア・チェリル, フロ...

やはり、これは究極のラブストーリーです。
知っているのに泣いちゃいました。黒ハート

作られた背景としては。。。

1930年に入った頃、ハリウッド映画はサイレントからトーキーへと変遷していきます。
みんな音入りの映画を作ることに熱中していたこの時代に、チャップリンはあえて無声映画のスタイルを変えずに完成させたのがこの作品です。

主役はもちろん放浪紳士チャーリー黒ハート
サイレントだからか、チャーリーの動きが素晴らしいからか???
いえ、相乗効果でテレビの前から動けません。揺れるハート

ストーリーは・・・
ある都で盛大な銅像除幕式が。。。

街の紳士貴女・・・立って祝辞を述べた後に、いざ像を覆っていた幕が引き下されると・・・
像の上には一人のみすぼらしい小男が眠っていました。

で、人々の驚駭と叱声の中に、この小男はドタバタと逃げ出しました。
こうして宿をも失われたこの浮浪者にとっては身投げでもするより外にすることがない様に思われました。

hi.png

しかし・・・この浮浪者が、街角で花を売る娘を見て胸を踊らせ・・・恋をしてしまいました。
しかも、この盲目の娘は彼女に大金を恵んだ紳士が彼であると思い込んで彼の手を握っては感謝の言葉を述べます。


hi2.png

そうなっては、彼も男。黒ハート

彼は初恋に胸をときめかせ、そして働いて金を儲け彼女と交際しようと考えます。
そして、まず街の清掃作業員に。。。
金が入ると、彼女の家へ堂々として紳士らしく訪問していき、いじらしい盲目の娘が、つつましく彼と話をしたり、やさしく微笑んだりするのを眺めては、慕っていました。

が・・・職を失ってしまい。。。その上に娘は病気に。。。家賃も払えない。。。

大切な恋人の病を癒す大金が。。。。そこで彼は賞金目当てにボクシングに飛入り。
所詮は素人の小男。リング上を修羅の如くに荒れ廻りはしたが、遂には彼は手痛く叩きのめされてしまいます。

hi3.png

彼はトボトボと街を歩きます。すると、その彼の目の前に現われたのは、酔っ払いの百万長者でした。
この百万長者を以前自殺から救っていたチャーリー。。。


この金持ちは酔うと、ヤア親友と、叫んでは浮浪者の彼の首に跳びつく癖のある男でした。
彼も幾度かその邸宅に引っ張られて夜を明かしたことがありますが、酔いがさめるとチャーリーのことは忘れてしまっているのです。
金策に困り抜いていた彼は金持ちに相談します。
大金持ちでおまけに酔っていた男は、気前よく彼を我家に招じたうえに金1千ドルをポンと投げ与えます。

が、間の悪いことに、ここへ強盗が押し込んで来て。。。金持ちは叩きのめされます。
で・・・正気に戻ると。。。
こいつは強盗の仲間だ、と言われてしまいます。
チャーリーは弁解も聞き入れられず、罪もないのに捕まえられてしまいました。
が、彼は、一旦逃げ出して・・・花売り娘に1000ドル届けることだけはできました。

それから年は過ぎて・・・無実の刑に服した彼が、また町に戻ってきます。が・・・裟婆の風は冷たく・・・。
が、彼はふとある花屋の前に立と・・・その店内に、働くかつての盲目の恋人を見つけたのです。
あの1000ドルで彼女は目も見えるようになったらしい。でも、それとは知らぬ娘は、いつまでも店の前に立っている彼を見て、これは物乞いだと思い。。。
しかし、気立てのいい彼女は、なにがしかの金を彼に恵んでやろうと、店から出てきます。
そして金を彼の手中に押し入れました。

が・・・そうして手に触ったとき、かつての記憶が呼びかえったのです。
「あなたでしたか.....。」

この言葉が娘の口から漏れたときは彼も娘も、もう万感の思いで・・・じっと顔と顔とを見合わせて立っていました。


なんて、ロマンチックなお話。揺れるハート


そう、やはり、計算しつくされています。
ボクシングのシーンは、ほんと、よくこんなことができるなあ・・・って、笑っちゃいます。

そして・・・浮浪者チャーリーなのに英国紳士なところ。
帽子とステッキの使い方、表情と動作は言葉を越えてます揺れるハート
目の見えない娘が、車のドアの閉まる音を聞いてチャーリーをお金持ちと勘違いしてしまうところなんかもね。るんるん
そんな彼女の期待に応えようとするチャーリーが・・・滑稽に見えるでしょうか???いえ、とってもいじらしいですね。ハラハラします。

サイレントだから?いえいえ、チャーリーだから。
ベラベラと口には出しませんが、彼女への想いが痛いほど伝わってきます。


チャップリンの作品はもちろん喜劇です。喜劇王だから。。。
でも、この作品でも例えば”独裁者”でも、ドタバタ・ドタバタ・・・浮浪紳士のチャーリーなのですが、最後の10分ぐらいでグッと心をわし掴みにしてくれます。黒ハート

チャップリン・ザ・ルーツ 傑作短編集・完全デジタルリマスター DVD-BOX / チャールズ・チャップリン (出演)
チャップリン・ザ・ルーツ 傑作短編集・完全デジタルリマスター DVD-BOX / チャールズ・...

↓ランキングに参加入ています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 11:53| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。