2012年12月25日

「ワイルド7」観ました。

元々は・・・1969〜79年に連載されていた望月三起也さんの伝説のコミックスを映画化したものです。
元来、犯罪者であるにもかかわらず、国家の最高機密として凶悪犯を退治する任務を与えられた男たち“ワイルド7”の活躍をいたものです。

ワイルド7[文庫版] (1-27巻 全巻)
ワイルド7[文庫版] (1-27巻 全巻)


ストーリーは・・・

(日本版)瑛太、丸山隆平 主演の映画「ワイルド7」Blu-ray&DVDセット(プレミアムエディション)  JBLUMO020
(日本版)瑛太、丸山隆平 主演の映画「ワイルド7」Blu-ray&DVDセット(プレミアムエデ...

法律で裁けない犯罪者はいっそその場で消去してしまうべき・・・。

そんな過激な発想から生まれた超法規的警察組織、通称“ワイルド7”。
凶悪犯を裁く彼らもまた、選りすぐられた犯罪者たちだった。飛葉大陸、セカイ、パイロウ、ソックス、オヤブン、ヘボピー、B・B・Q。。。

いずれ劣らぬ犯罪歴と、犯行のために身につけた特殊技能をあわせ持ったプロフェッショナルな7人が主人公。

そんなある日、指揮官・草波勝のもと、“ワイルド7”の出動が要請され、メンバーたちは事件の犯人を追い詰める。。。その瞬間、謎のスナイパーが現れ、犯人を射殺して逃走するのでした・・・。

wild7.png

と、話は始まります。

最終的に・・・本当の悪は誰なのか???

悪の中に正義はあるのか???

悪は何を持って罰するべきか???

みたいな感じで、ワイルド7の存在意義の追及へと進んでいきます。


で・・・感想は、勿体ないなあ・・・黒ハート

って感じ。

それぞれの7人が、本当にキャラ立っていていいです。るんるん
瑛太さんは主役だからともかく、椎名桔平(セカイ)さんも、宇梶剛士(オヤブン)さんも、7人全員、本当にカッコ良かったです。


でも、これを2時間でやるっていうところに無理があるっていうか、一人一人の人生が厚みのある分もっと丁寧に、連続ドラマでやって欲しかったぐらいです。黒ハート

今の若い人たちは、こんなハードなのは好きじゃないのかしら???
少年漫画が大好きだった私は、とっても大好きでした。黒ハート

ワイルド7 DVD-BOX / 川津祐介, 小野進也, 峰岸徹, 真理アンヌ (出演)
ワイルド7 DVD-BOX / 川津祐介, 小野進也, 峰岸徹, 真理アンヌ (出演)
TOKUMA Anime Collection 『ワイルド7』
TOKUMA Anime Collection 『ワイルド7』

↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:41| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。