2012年12月14日

「私は殺される!」

今回は、伊予・西条藩が舞台です。

服部半蔵 影の軍団 BOX (初回限定生産)
服部半蔵 影の軍団 BOX (初回限定生産)

今回も、跡目問題のようです。

血筋を絶やすと藩はおとり潰し・・・

しかも、その西条藩は保科の爺さまが資金源にしていたゆかりの藩だったので・・・大問題!!

存続の危機に。。。

よくあるお話ですが・・・亡き藩主と双子の「姫」のいることが解ります。
預けたのは、多羅尾の弥平太・・・

半蔵は伊賀者への隠し扶持・・・5000両を提示され、お世継ぎ探しに乗り出します。
今回は、お金で働くのね・・・お頭。。。

探すのは、あのお甲の妹・お菊なのだった!!
頭を親の敵としている2人を探すことになってしまいました。

そしてこのとき、抜け忍・お甲に向けて甲賀の魔手が忍び寄っていたのです。
それは、村井道雪…甲賀の者でした。

全国に繋ぎをつける頭。甲賀より先に、見つけなければ!!

水口鬼三太の喪が明けて、新統領となった鬼四郎・・・
伊賀者と、お甲の始末に躍起になっています。

そして・・・
鬼四郎がお甲を見つけた大ピンチ・・・お頭登場!!
お甲を助け出しますが・・・お菊が・・・
山に逃げ込んだお菊・・・。

お菊を何とか見つけ出したお頭とお甲・・・

お菊は姫となることを拒みます。

保科の爺様に5000両という約束で働いているお頭・・・
それは伊賀の為なんだけれど・・・

「欲に目がくらんだ・・・」と、お菊のことを思い反省しています。失恋
そしてお甲も・・・
半さんと一緒に働きたかったと自分たちの運命を呪うのでした。たらーっ(汗)

甲賀から逃げるお頭たち・・・


お頭が甲賀と戦っている間に、お菊を背負って川を綱渡りするお甲・・・
流石、忍・・・黒ハート
でしたが、さすがJACって感じでしょうか???

CGのない時代に、緊張感があっていいです揺れるハート


せっかく助かったのにお菊を足手まといと突き放すお甲・・・。

もちろん、それは抜け忍として生きなければならない自分の宿命と、姫として幸せに暮らせるであろうお菊のことを思ってのことですよ。黒ハート

でも・・・半さんは、保科の爺様を裏切って・・・伊賀上野に連れて行くことにします。
西条藩ではなく・・・。

「従って、これはお返し申す。人の心と引換の5000両だった。
 一族の者も納得し、貧乏暮しに甘んじてくれましょう・・・。」

と・・・やはり、公儀の犬ではない!!
ということでしょう。


そして、西条藩はおとり潰しとなり、幕府の直轄地となったのです。


やはりお頭、非情でありながら、情で動くのね黒ハート

今回は、みんなの立ち回り無なくって終了してしまいました。失恋

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート


にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 10:39| Comment(0) | 影の軍団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。