2012年10月18日

「紳士は金髪がお好き」観ました

マリリン・モンローの代表作ですよね黒ハート

紳士は金髪がお好き [Blu-ray] / マリリン・モンロー, ジェーン・ラッセル, チャールズ・コバーン (出演); ハワード・ホークス (監督)
紳士は金髪がお好き [Blu-ray] / マリリン・モンロー, ジェーン・ラッセル, チャー...

ニューヨークでショーガールとして働くローレライ(マリリン・モンロー)とドロシー(ジェーン・ラッセル)は幼馴染の親友同士だが、性格は正反対。お金に目がないローレライは、彼女に夢中な資産家の息子・ガスと豪華客船でパリに渡り、結婚することになるのですが。。。
直前にガスは父親の病気で旅に出られないと言い出しました。ちゃっかり者のローレライは船旅を諦め切れず、ドロシーを誘ってパリに向かいますが、ここで大騒動が多るのです。

美人のローレライとドロシーは乗客の男性たちの注目の的に黒ハート
さっそく金持ちの男性客を物色し始めるローレライ。姉御肌でしっかり者のドロシーは、アーニイという男性客と知り合いますが。。。しかし実はアーニイは、ガスの父親がローレライを調べるために雇った探偵だったのです。

img_698539_32382666_1[1].jpg


とはじまるコメディ・ミュージカルな作品です。
歌もいっぱい歌ってくれています。黒ハート

1953年の作品ですが、同じ53年にはモンローウォークで有名な「ナイアガラ」があります。
まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いだったでしょう。

でも・・・
マリリンって、セックス・シンボルとして有名なんですが、見れば見るほどかわいい女性です。
男の人にアピールしているはずなのに、どうして女性に人気があるんだろう???

って、思いませんか???

きっと、そこにはモンローの努力が伺えるからじゃないかと思います。
モンローウォークをするために、左のヒールよりも右のヒールを4分の1インチ(6mm強)程度短くしていたと言われています。
口紅も、1色ではなくたくさんの色を混ぜて、自分に合う色を自分で作っていたとか・・・。

いつも自分が美しくあることを努力し、そして、何よりもそこから落ちていくことを怖れていました。
女優として成功していくと、「かわいいけれどちょっとおバカな女の子」っていう役ばかり回ってきます。
この映画の影響が強いように思います。
その映画が彼女をスターダムにのし上げて・・・それが、彼女の悩みのタネとなっていくわけです。

3番目の夫、アーサー・ミラーは劇作家、自分のイメージの足りないところ・・・”頭のいいところ”が良かったようです。

でも、そんな努力しているマリリンをみんな気付いていて、だからこそ、今でも永遠のスターとして人気があるのだと思います。

なんだかマリリン・モンローではなく、ノーマ・ジーンを紹介したくなりました。黒ハート
tumblr_m3tckradLT1r19moio1_500[1].jpgimg_947131_25604767_1[1].jpg

とってもかわいい女性ですよね。

やはり、マリリンは永遠です。黒ハート


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 13:49| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。