2012年05月13日

プリンセス・トヨトミ

プリンセス・トヨトミ、昨晩やっていましたね。

私は先日WOWOWでやっていたのを撮っていたのですが、地上波でもうやるなんて・・・。

悔しいから、昨日の朝から見ました。

主役は堤真一さんと中井貴一さんになるのかしら?


プリンセス トヨトミ Blu−rayプレミアム・エディション [Blu-ray] / 堤真一, 綾瀬はるか, 岡田将生, 中井貴一, 沢木ルカ (出演); 万城目学 (原著); 相沢友子 (脚本); 鈴木雅之 (監督)
プリンセス トヨトミ Blu−rayプレミアム・エディション [Blu-ray] / 堤真一,...

今回の大河ドラマの主役級がたくさん出ています。揺れるハート
中井貴一さんなんかは、夫婦(和久井映見)で出ています。黒ハート

内容は、会計監査院の松平元(堤真一)が監査した社団法人OJO・・・それは、大阪国だった!!

そして、OJOの前にあるお好み焼き屋「太閤」の大将・真田幸一(中井貴一)は、大阪国の総理大臣だった。。。


と、話が始まります。
内容的にも、名前を見ると一目瞭然の設定です。


観る前のイメージは、「戦国自衛隊」?みたいに思っていました。

戦国時代にタイムスリップする・・・とか、そういうのではなくて、「東京VS大阪」みたいな。

でも、内容は「やあやあわれこそは!!」の戦いではなく、粛々と進んでいきます。。。

私は和歌山人ですが、やっぱり太閤さんが好き揺れるハート

っていうことに気づきました。

大阪が東京を敵対視しているのは、この頃からなのでしょうかexclamation&question


秀吉の血・・・よく考えてみると、秀頼を跡継ぎにするために次々と親族を退けていく秀吉でしたが、実はその血が今も残っているかもしれないのは否定できませんよね。るんるん


本当に言いたかったことは、時代の中で絶えることなく、連綿と続く「父子の血」と「父から息子への想い」だったのではないかなあ。

と、思いました。


みなさん、今日は母の日ですが、この世に生まれたことに感謝しましょうね。黒ハート

プリンセス・トヨトミ [単行本] / 万城目 学 (著); 文藝春秋 (刊)
プリンセス・トヨトミ [単行本] / 万城目 学 (著); 文藝春秋 (刊)

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 07:23| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。