2012年04月24日

昼下がりの情事

「大好きな映画は何?」て聞かれたら、

「カサブランカ」=イングリット・バーグマン
「お熱いのがお好き」=マリリン・モンロー
で、「昼下がりの情事」=オードリー・ヘップバーンです。

この3本は、それぞれの女優さんが一番輝いていると思っている映画です。
ヘップバーンは、「ローマの休日」が有名ですが。もちろん「ローマの休日」はテッパンで、大好きですが、でも、やはり、「昼下がりの情事」のストーリーが大好きです。ビリー・ワイルダー監督は、本当に楽しい映画を作ってくれます。今の映画にない「間」が大好きです。



ヘップバーンはアリアーヌ。パリに住む音楽学校の学生で、ボーイフレンドは同じ大学でフルートを勉強している普通の女の子。

ただ一つ普通でないのは、お父さんは私立探偵だということ。

そして、パリに世界をまたにかけるプレイボーイがやってきます。
ゲーリー・クーパーふんするMr,フラナガンです。
お父さんはフラナガンの浮気調査大忙し。
そしてアリアーヌはフラナガンに恋をして・・・でも、相手は百戦錬磨。。。

ゲーリー・クーパー、本当に、背が高いですね。黒ハート
オペラの人ごみでも、ぱっと見つけられる。。。
おまけに、57才?とは見えないプレイボーイぶりです。
う〜ん、「誰が為に鐘はなる」の時は、バーグマンと演じましたが、どうも、ハンサムでしたが若づくりに無理が見えて、バーグマンの美しさにやられたかなあ・・・感がありましたが、こちらの設定は、もともとがロマンスグレー。ピッタリだったと思います。

まあ、一番かっこよかったのは「モロッコ」でしたが。黒ハート


ヘップバーンは文句なし。かわいいです。今までの女優さんを観ても、一番清楚が似合う女優さんなので、ピッタリです。本当に、かわいいですね。黒ハートこの映画では、目と眉毛。きりっとしてかっこもいいですが、このアリアーヌは、アン王女よりも大好きです。


そんなこんなで始まるお話なのですが、私が大好きなのはお父さん。

アリアーヌを本当に愛しているのがわかります。

ボーイフレンドの彼のことを調べていた時も・・・
「ひとり娘に対する父親の義務だ
 私がインドの王侯ならダイヤで飾ってやるし、
 靴職人なら靴を作ってやるが、
 私立探偵では調査してやるしかない。揺れるハート

と言うところや、最後にフラナガンさんに、

「元の生活に戻してやってください。
 助けてやってください。」

とお願いするところは、本当に愛されているんだなあ。。。

と、思います。

今回もまた、泣いてしまいました。

感受性の強い、高校生の時に見ましたが、それから何十回も見たはずなのに、未だに泣けます。
昔は、アリアーヌに共感していたのでしょうが、子供の産まれた今は、お父さんに共感しているのでしょうね。

親は、子供の幸せをいつも願っているものだから。。。

ということで、お父さんが主役だったのかもしれません。

最後はどうなるか?みなさん、楽しみに観てください。

黒ハート昼下りの情事 (ニューマスター仕様) [DVD] / オードリー・ヘプバーン, ゲイリー・クーパー, モーリス・シュヴァリエ (出演); ビリー・ワイルダー (監督)
昼下りの情事 (ニューマスター仕様) [DVD] / オードリー・ヘプバーン, ゲイリー・クー...


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:51| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。