2012年01月04日

キャプテン

年末にスカパーで5時間?連続放送の「キャプテン」を見ました。

なんとなくつけたテレビでしたが、オープニングが始まると、涙が止まりませんでした。黒ハート

キャプテン 1 (集英社文庫―コミック版) [文庫] / ちば あきお (著); 集英社 (刊)キャプテン 1 (集英社文庫―コミック版) [文庫] / ちば あきお (著); 集英社 (刊)

ちばあきおさんの、こちらのマンガです。

本当に大好きで、いつも疲れた時は、「もう若くはないよな〜」と想いながら、このオープニングを歌うのですが・・・。

年末は、忙しいというよりも、気ばかり焦って、おまけにストレスも溜まって突発性難聴になりかけていました。でも、このオープニングを見た瞬間に、スーッと耳が気持ちよくなって・・・。やっぱり、ストレスを溜めてはいけないのよね。

で、子供の頃は、イガラシ君が良かったのですが、やっぱり、谷口君がカッコいいですね。

私はネガティブなので、谷口君の気持ちが良くわかる・・・と、思いきや、回を重ねるごとに強く逞しくなっていきます。若い頃にあれだけ悩んでいたら、本当にいい大人になりそうです。

私の中では、劇場版銀河鉄道999と同じに、今の中学生男子に見て欲しいですね。

頑張って、頑張って、だからこそ結果があるというところは感動です。

青葉学院は、墨谷2中を軽視して、2軍出し、強いとわかるや1軍と総入れ替え・・・。という離れ業で地区予選を勝ち上がり、全国優勝したものの、その2軍と1軍の総入れ替えが人数的に規則に反しているという理由で、もう一度青葉学院VS墨谷で試合が行われますが、これは、もともとなのかなあ、それとも、ジャンプお得意の「人気があるから負けられない!勝ち進む方程式」から来るものなのかわかりませんが、子供心にすごいシナリオだなあと、感心しました。

あまりにも人気があったので、谷口君が高校に行っての「プレイボール」という未完の作品まで出来ましたね。あの、劇的な青葉VS墨谷の試合で骨折し、ボールを握れなくなった谷口は、サッカー部に入ったものの、野球が忘れられずに不屈の闘志で左投げとして帰ってくるという作品でした。

全く別ですが、「MAJOR」の吾郎が、少年野球で肩を壊して左投げとして帰ってきた時は、「谷口君パクッた?」と、自分のマンガ歴にさびしくなりました。30年も読んでると、これはあれのパクリ?なんてことは、よく思うものです。あせあせ(飛び散る汗)もちろん、MAJORも全巻持ってますよ。

私は、ジャンプのマンガが大好きで、「リングにかけろ」「風魔の小次郎」「キャプテン翼」「北斗の拳」「CITY HUNTER」「幽々白書」「スラムダンク」「るろうに剣心」「ONE PIECE」他にもたくさんのマンガを買って読んできました。

花嫁道具に「リングにかけろ」は絶対持っていく!!と、思っていました。結果は、スラムダンクを持っていきましたが・・・。

私とパパの実家にはたくさんの本やマンガを置いていますが、手元には、

キャプテン 6 (集英社文庫―コミック版) [文庫] / ちば あきお (著); 集英社 (刊)キャプテン 6 (集英社文庫―コミック版) [文庫] / ちば あきお (著); 集英社 (刊)

やはり、「キャプテン」。

リングにかけろ 全15巻 (コミック文庫) [−] / 車田 正美 (著); 集英社 (刊)リングにかけろ 全15巻 (コミック文庫) [−] / 車田 正美 (著); 集英社 (刊)

「リングにかけろ」

SLAM DUNK 完全版 全24巻・全巻セット (SLAM DUNK 完全版) (ジャンプ...SLAM DUNK 完全版 全24巻・全巻セット  (SLAM DUNK 完全版) (ジャンプコミックス デラックス) [コミック] / 井上 雄彦 (著); 集英社 (刊)

「スラムダンク」は、外せません。

が、「リンかけ」は、本当にオタク的に趣味なので(どう転んでも、順さまがカッコいいのです黒ハート)、中学生には「キャプテン」を、高校生には「スラムダンク」を読んで欲しいですよね。

私も、谷口君の爪の垢でも煎じて飲んで、頑張ろうハートたち(複数ハート)るんるん

↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 10:34| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。