2011年06月27日

刑事コロンボ

刑事コロンボ
ピーター・フォークさん、お亡くなりになられましたね。

本当に残念です。味のある役者さんがまた一人・・・。さびしい限りです。

子供の頃にいつも見ていましたが、犯人が解っているのに面白い、っていうのが良かったですね。どんな風に理屈で攻めていくのか、いったん見出すとテレビの前から離れられなかったのを覚えています。


吹き替えをしていた小池朝雄さんが亡くなったとき、「ああ、もうあのうちのカミサンがね・・・。は、もう聞けないのか。」なんて思いましたが、後を継いだ石田太郎さんの声が本当にそっくりで、イメージが壊れずに頼もしかったですね。


昔の役者さんには、本当に味がありますね。味があるから残っているのかも知れないですね。


でも、私が歳だからか、よく○○さんが、お亡くなりになりました。っていうニュースを聞きます。子供の頃、よく母親が「あー、また亡くなったんだって・・・。」なんて、言っていましたが、今の私がそんな感じ。


1番最初にビックリしたのが山田康夫さんでした。「ルパンが・・・。誰がやるねん!!」なんて思っていたら、これも、栗田寛一さんがイメージを損なわないようにやってくれていますね。


その後は、富山敬さん。これもショックでした。ちびまる子ちゃんのおじいちゃんです。私にとっては、古代進ですが。そして、塩沢兼人さん、この人は、新しいほうでは名探偵コナンの白鳥警部。私の中では、南斗水鳥拳のレイです。二枚目から三枚目まで、なんでもこなすいい声優さんでした。これもまた、二枚目といえば・・・の、井上和彦さんが、スムーズに交代されましたね。でも、わたしの中では井上和彦さんは、島村ジョーです。声って、特徴があっても忘れちゃうのかな。それも寂しいです。でも、やっぱりルパンは・・・。


が、野沢那智さん。あの人の代わりはいないんじゃないかな。と、結構落胆しています。私の中では、「コブラ」なのですが、アラン・ドロン、ロバート・レッドフォード、アル・パチーノ、ダスティン・ホフマン、何より彼のブルース・ウィリスは・・・もうあの、「なんてこったい」は、きけないのね。なんて、思ってしまいました。


これからもいい俳優さんや、声優さんが出てくるんだろうけど、最近の人は、スマートすぎて、声だけでその人って解る特徴のある人が減ってきているような気がします。


話がそれちゃいましたね。

ピーター・フォーク様、本当にお疲れ様でした。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 13:22| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。