2011年07月08日

別れのワイン

別れのワイン。
ご存知、刑事コロンボです。先日亡くなられたピーター・フォーク様を偲んで、見ました。「別れのワイン」

これは、子供の頃に見ていましたが、テレビドラマだったんですね。子供心に映画だとばかり思っていました。

ということは、シャーロック・ホームズや、ポワロ、ジェシカおばさんと同じくくりになるのかしら。そうなると、すべてにお世話になっています。


じーっと見ていると、古畑任三郎はほんとにここから来たんだな・・・。と、思えます。

最初に犯人が殺人を犯すところから始まって、犯人がコロンボにじわじわというか、ぐだぐだというか、追い詰められていくのが楽しいです。ちなみに、この別れのワインでは、コロンボは20分ぐらいたって、やっと出てきます。そして、追い詰められた犯人も、じたばたすることなく潔くつかまるところもいいですね。そこも、古畑ですね。

古いドラマは科学的な解決方法はとらないけど、なかなか味があっていいですね。長く続いたのも、ファンがたくさんいるのも解ります。

まだまだ追悼番組してくれそうです。目が離せません。

ケネディ家の人々もたまってきているのに・・・。今日は、主婦らしくお掃除します。


にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 12:59| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。