2011年07月17日

みなしごハッチ

みなしごハッチ
今日はあーこと、スカパーで撮ってあった、昆虫物語みなしごハッチ〜勇気のメロディ〜を見ました。

このアニメで育ったおばさんとしては、「クオリティ高!!」というのが第一印象でした。

絵もかわいくなっているし、物語に入っていくには簡単な、アミイという少女が出てきました。


このアニメで育った、思い入れのある私としては、はじめの10分で泣いてしまいました。

が、昔のアニメと今のアニメを比較して、今のは”これでもか!!”っていう表現の仕方をしませんね。

例えば、フランダースの犬のネロは、大人が見るとそこまでするかというほど貧乏だし、かわいそうです。でも、子供はそれくらい酷くしないとわかりづらいような気もします。

ハッチも昔はど根性と、涙、涙の作品でしたが(カマキリはよくハッチを虐めていたので嫌いでした)今回のはなかなか道徳的で、子供と見るには良かったです。

ただ、この作品も、人間の女の子が出てきました。昔は、ハッチにとっては人間は敵でした。最近の作品は親しみやすいようにか、例えば、妖怪人間とか、鬼太郎の新しい作品には女の子が出てきますよね。

でも、孤高が似合ったり、人間とは一線を引いていたり、そんなことも必要かと思いました。

でも、楽しかったです。ママに会えて良かったね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:31| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。