2013年02月25日

「特捜最前線2012」観ました。

「東映チャンネル×(クロス)ファミリー劇場 ドラマクロスプロジェクト」として製作されました。揺れるハート

tokusou.png

特捜最前線2012です。

主演は平岡祐太さんです。
きっちりとスーツを着て、特捜最前線らしいなあって感じの始まりでした。

ストーリーは・・・
ある朝、渋谷の高級宝飾店を一人の制服警官が訪れます。
彼女の名は、渋谷中央署生活安全課の朝比奈飛鳥。その朝比奈が突然、店内で発砲!!
リモコン爆弾を爆発させると脅し、店員や客たちを人質に取った朝比奈。
事件の発生を知った特命一課の刑事・・・「ジュニア」と呼ばれる若手刑事・友鷹耀介と朝比奈は、警察学校時代の同期。
”朝比奈がこんな事件を起こすはずがない”と信じる友鷹は、立てこもっている彼女が不自然にかざしているスマートフォンに着目するのでした。

で・・・なんで友鷹耀介はジュニアなの???
1時間に全てが入っているので、今一つ人間関係が掴めなかったのですが・・・

オタクではないパパでさえ、
「え???神代課長、渡辺いっけい???」
と、言っておりました。あせあせ(飛び散る汗)
ま、”神代課長”ではなかったですけどあせあせ(飛び散る汗)

感想は、やっぱり今風の刑事物かな?って感じがします。

昔の特捜最前線の説明に・・・

警視庁・特命捜査課(通称・特命課)に属するエリート刑事たちが、その頭脳と機動力を駆使して、所轄では解決できない難事件に挑んでいく姿を描いた『特捜最前線』は、かつて10年間、全508話にわたって放送され、「本格派刑事ドラマの最高峰」として現在も高く評価されている。

tokusou3.png

ってあります。

そう、本格派刑事ドラマの最高峰なんですから、もう次は最高ではないので、期待はしてはいけなかったのかもしれませんが・・・
昔の特捜・・・は、エリート刑事なのに、何か人間的な挫折を持っていて・・・
課長は奥さんの蒸発や娘の死、橘さんも離婚、桜井さんもお父さんが弁護士でお兄さんが判事・自身は暴れん坊で降格デカ・・・言い始めると限りありませんが、みんな結局人情味の溢れた刑事が多かったのですよ。。。黒ハート
それが魅力的だたんですがね・・・。失恋
そしてエリートなのに、熱く、泥臭く事件に立ち向かっていくところが良かったのになあ・・・って思いました。
そ、”特撮最前線”って言われてましたもん。。。
それは、刑事が殆ど特撮出身だから黒ハート
本郷功次郎さんはガメラだし、ライダー1号、スカイゼル、アカレンジャー、ストロンガー(ビビューン)・・・本当に豪華です。揺れるハート
だから、熱かったのかなあ・・・るんるんるんるんるんるん
これが、率直な感想でした。失恋


物足りなさを言い出したらきりがなくって・・・
ま、1話だけだからこんな展開でも仕方ないですかね失恋


自分が感受性の強かった頃の作品は、いつみてもやっぱりいいのでしょう。

そして、画も音も、やっぱりテープの方が趣があっていいですね。揺れるハート
デジタルは、なんだか寂しいです。あせあせ(飛び散る汗)

tokusou2.png

先日、本郷功次郎さんがお亡くなりになってしまいました。。。本当に残念です。バッド(下向き矢印)
お疲れさまでした。課長に、おやっさんに、叶刑事に、津上刑事によろしくねたらーっ(汗)たらーっ(汗)たらーっ(汗)

特捜最前線 BEST SELECTION BOX Vol.1 (初回限定生産)
特捜最前線 BEST SELECTION BOX Vol.1 (初回限定生産)
特捜最前線 BEST SELECTION BOX Vol.2 (初回限定生産)
特捜最前線 BEST SELECTION BOX Vol.2 (初回限定生産)

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:01| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。