2013年02月21日

「ヒトラーの贋札」観ました。

ヒトラーの贋札 [ カール・マルコヴィクス ]
ヒトラーの贋札 [ カール・マルコヴィクス ]

なかなか面白かったです。黒ハート
引き込まれてしまいました。るんるん


ストーリーは・・・
時代は2次世界大戦・・・ 1936年のドイツ、ベルリン。
パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作(がんさく)師サリー。
犯罪捜査局の捜査官ヘルツォークに捕らえられた彼は、マウトハウゼン強制収容所に送られます。

hitora-2.png
↑このシーンは、親衛隊のご機嫌をとって絵を描いているところ。

そこはナチスの・・・ユダヤ人を対象にした収容所でした。
そしてそこに収容されているのは、印刷のプロたち・・・
作戦名「ベルンハルト作戦」・・・贋ポンド紙幣を作らせる生産工場でした。

hit-ra-.png

実際に強制収容所で贋造(がんぞう)に携わった印刷技師アドルフ・ブルガーの著書が原作となっているだけあって、ひしひしと伝わってくるものがあります。
生と死が紙一重の世界で、正義と偽りを天秤にかけながら、生きることを選択する人たちがそこにはいました。

hitora-3.png

まさにカルネアデスの板ってとこでしょうか?
難しいですねたらーっ(汗)


紙幣も、はじめはポンドを印刷しているのですが、ドルの印刷へと変わっていきます。
こんな所も、実際の世界的な実力が、権力がイギリスからアメリカに変わっていったって部分が見て取れます。黒ハート

何が正義で何が悪なのか?それは分かりにくいけれど、一言で言ってしまえばそれが戦争という時代だった・・・ということが解ります。
その一言で片づけられることではありませんけどね失恋

ヒトラーが芸術が好きだったからでしょうか?
日本の戦争映画とは、一味も二味も違って・・・芸術って感じがしました。るんるん

ヒトラーの贋札 悪魔の工房
ヒトラーの贋札 悪魔の工房
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 17:17| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。