2013年02月05日

「望郷」観ました。

あまりにも有名な、ジャン・ギャバンの代表作品です。黒ハート

望郷 [DVD] / ジャン・ギャバン, ミレーユ・バラン (出演); ジュリアン・デュヴィヴィエ (監督)
望郷 [DVD] / ジャン・ギャバン, ミレーユ・バラン (出演); ジュリアン・デュヴィヴ...

この頃の映画は、1時間30分というのも多いですね。
だからか、時代がそうなのか、説明的な部分が少なくて・・・
舞台となるカスバがどういった土地なのか・・・?
知ってから見るのも、また違った思いで観ることができます。

いきなり警察の、泥棒を捕まえる作戦シーンから始まります。

フランスの植民地アルジェリアの首都アルジェのカスバ。
カスバというのは回教徒が集まっている一劃の区域。。。
アルジェのカスバはアルジェの市街から独立した丘陵の上に位置し、家々は丘陵の斜面に重なる様に並び、露台で通じ合っています。そして石畳の坂道は曲がりくねって外来者にはまるで迷路の如く・・・
警察もなかなか手が出せません。あせあせ(飛び散る汗)

この暗黒街に王者の様に畏敬され、友達の様に親愛されている男。。。その名は、ペペ・ル・モコ。フランス人です。強盗三十件、銀行襲撃二件とパリ警視庁の犯罪録に載っているお尋ね者でした。
アルジェの警察当局は、過去に武装して数回カスバを襲ってますが、徒らに幾人かの犠牲を出すばかりで、ぺぺはおろか彼の配下の者一人もからめ取る事は出来ていませんでした。

ここから物語は始まります。

ぺぺは彼にひたむきな思慕を寄せる女・イネスのもとに起居していましたが、此のカスバを一歩でも外に踏み出すと直ちに逮捕される事はよく知っていました。
その他にも慕ってくれる弟分や仲間。。。
ペペのアジトのように見えていましたが・・・

警察とペペ、そして裏切り者は・・・
と、話は進んでいきます。

警察とのドタバタ騒ぎの中、ひとりの女性に出会いました。
美しいフランス女・ガビイ。此処を見物に来て連れの者とはぐれてしまったのです。

ぺぺは一目でガビイに心を奪われます。
jan1.png
そして、裏切り者のせいで、弟分とかわいがっていたピエロの死。。。

この時からぺぺは酒に浸って街とガビイを狂気の如く慕うようになり。。。
静かに時を待っていたスリマンは、時こそ到れりと狡猾な計略を運らします。

”ぺぺが射殺された”とスリマンはガビイに告げ。。。
傷心の彼女はパリへ帰っていきました。
ぺぺの手紙を持ったカルロスも街へ下りたきり帰りません。
ぺぺは手先のアルビを責めてすべての事実を知ると・・・
危険も顧みず、街へ下りていってしまいました。
嫉妬に狂ったイネスはスリマンに密告。
ぺぺがガビイを探している時、スリマンと二名の刑事が彼を包囲。。。

逃れられぬ運命と知って彼は縛についたものの。。。

”一目ガビイを!!”

遠ざかる船の甲板にガビイが!!
jan.png
しかし、とうとうぺぺに気づかなかったのでした。

ぺぺは隠し持った小刀を腹に突きたてそのまま波止場へ崩れ伏し。。。

「ぺぺ許して、ペペ許して。」と泣きながらイネスはペペの屍をいつまでも抱いていたのでした。


高倉健さんは、目標とする俳優さんはジャン・ギャバンだそうです。
健さんと同じように、やくざ映画によく出ています。
あ・・・外国だとギャング映画???
深みのある演技と渋い容貌で絶大な人気を誇り、健さんのように信仰されています。
が・・・やはりフランス人だからでしょうか?
この望郷ではおしゃべりです。失恋

日本人は寡黙な感じが好き・・・って、それは私だけかしら?
そんな感じがしますが、外人ですからね。
でも、白いマフラーにコート、カッコいいですね。
この人に対抗できるのは・・・やはり、ボギーぐらいでしょうか???

切なくて悲しくて・・・
ガビイが好きっていうのは本心だろうけど、・・・それだけじゃなくってきっと、パリが恋しくて・・・パリが恋しくて・・・例え、慕ってくれる仲間と女がいても、このカスバには孤独しかなかったのかもしれません。失恋

マレーネ・ディートリッヒ「お母さん私を許せますか?」はこちら
地下室のメロディー|ジャン・ギャバン|ビデオメーカー|送料無料
地下室のメロディー|ジャン・ギャバン|ビデオメーカー|送料無料

現金に手を出すな【Blu-ray】 [ ジャン・ギャバン ]
現金に手を出すな【Blu-ray】 [ ジャン・ギャバン ]

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 11:12| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。