2013年01月17日

「荒馬と女」観ました

マリリンの3番目の夫、アーサー・ミラーの脚本で、父親の愛を知らないマリリンが憧れて・・・「お父さんだったらいいのに・・・」と言っていたクラーク・ゲーブルがお相手です。

荒馬と女 [DVD] / マリリン・モンロー, クラーク・ゲーブル, モンゴメリー・クリフト (出演); ジョン・ヒューストン (監督)
荒馬と女 [DVD] / マリリン・モンロー, クラーク・ゲーブル, モンゴメリー・クリフト ...
ストーリーは・・・

uma.png

原爆実験地に近いネバダ州リノの町は、離婚の町としても有名な所。
ここにきて離婚したロズリンは世話ずきのイザベルおばさんの紹介で、2人の男と知り合いました。
自動車修理工のギドとその親友であるカウボーイ、ゲイ。

ロズリンはゲイを頼もしいと感じ。。。
話のはずみで彼ら4人は田舎に行ってパーティをやることになりました。
田舎での朝、自分のボロ飛行機で砂漠の上を飛んでいたギドが、野性の馬の群れを見つけます。
馬の肉は罐詰業者に高く売れる!!

早速ギドとゲイは気のいい風来坊青年パース・ハウランドを仲間に入れ、馬狩りの計画を立て始めました。
馬のことでゲイを残酷な男と思いはじめたロズリンの心は、パースにかたむきます。

3人の男とロズリンは砂漠でテントを張りました。

ギドが飛行機で追い出した野性の馬を、ゲイとパースが投げ縄でトラックの上からとらえる。
なかには仔馬を連れた母馬の姿もありました。
こらえきれなくなったロズリンは子供のように泣きじゃくり、男たちをとめます。
ロズリンの頼みに負けたパースは縛った馬を次々と放し。。。
怒ったゲイは単身馬を捕らえようとして、たけり狂う1頭に組みついました。
血だらけになりながら馬を縛り上げるゲイ、しかしゲイは、立ち上がると捕えた馬の縄を切り放しました。
馬はたちまち逃れ去り。。。
呆然としてこれを見ていたロズリンをゲイはトラックの上に拾い上げると、砂煙を上げて砂漠のかなたに走り去っていったのでした。

う〜ん、よく解らないっていうか、難しいですよね。あせあせ(飛び散る汗)
いつものマリリンの作品とは全く違います。


でも、さすが夫???
マリリンのナーバスな・・・触れると壊れてしまうような性格を想像させるようなロズリン。何でもかんでも周りを引き込んでしまう魅力・・・それと同じくらい周りをうんざりさせること・・・マリリンそのものだったと想像します。

精神状態が不安定で、マリリンが自分なのか?ノーマ・ジーンが自分なのか?解らなくなってるようなマリリンが浮彫にされているようでした
そんな、この映画では大人の魅力のマリリンを見ることができると思います。

そして・・・この作品を見るときは、やはり先入観が先に出ますたらーっ(汗)
それは・・・
@モンローの3番目の夫・アーサー・ミラーが脚本を書いていること。
 この後、離婚するのですが、この荒馬と女のマリリンも離婚訴訟していました。
Aこの映画で馬と格闘したゲーブルが死んでしまったこと。
 死因は、この馬との格闘とも言われています。
Bただでさえ、憧れだったゲーブルが亡くなったのに、ゲーブルファンから「この映画の・・・マリリンのせいだ!!」と言われてしまたこと・・・。
Cその後マリリン自身も精神状態が悪くなり・・・アルコール中毒とオーバー・ドーズで自殺・・・??
D共演していたモンゴメリー・クリフトも、この映画の5年後に心臓麻痺で死んでしまったこと。

全てが先入観なしには見ることができません。

ただわかったことは、私はクラーク・ゲーブルが好きだということ。
「風と共に去りぬ」では、ふられちゃいますから可哀想です。失恋

ara.png
これは、「或る夜の出来事」ゲーブルですが・・・
若いですね。
この映画では年をとっていますがやはり大好きです。


そして・・・ショーン・コネリーに・・・
syo1.png
この人も好きなんですが、似てる???
って、思いながら見ました。
どちらも、年をとっても、やんちゃな男はカッコいいことに変わりありませんね。黒ハート

マリリン・ザ・プレミアム・ブルーレイ・コレクション(8枚組) (2,000セット数量限定生産) [Blu-ray] / マリリン・モンロー (出演)
マリリン・ザ・プレミアム・ブルーレイ・コレクション(8枚組) (2,000セット数量限定生産)...
マリリン・モンロー / 永遠のセクシーアイコン [DVD] / マリリン・モンロー, ジョー・ディマジオ, アーサー・ミラー, クラーク・ゲーブル, ジョン・F・ケネディ (出演); ティム・ネルソン (監督)
マリリン・モンロー / 永遠のセクシーアイコン [DVD] / マリリン・モンロー, ジョー・...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:49| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。