2012年11月27日

「隠し剣 鬼の爪」観ました。

隠し剣 鬼の爪 [DVD] / 永瀬正敏, 松たか子, 吉岡秀隆, 小澤征悦, 田畑智子 (出演); 山田洋次 (脚本); 藤沢周平 (原著); 朝間義隆 (脚本); 山田洋次 (監督)
隠し剣 鬼の爪 [DVD] / 永瀬正敏, 松たか子, 吉岡秀隆, 小澤征悦, 田畑智子 (出...

山田洋次監督の芯がしっかりしているのになんだかほんわかできる・・・そんな作品でした。

ストーリーは・・・
時代は幕末。
東北の小藩である海坂藩の平侍「片桐宗蔵」は、母と妹の志乃、女中のきえと、貧しくも笑いの絶えない生活を送っていました。
やがて母が亡くなり、志乃ときえは嫁入りしていき・・・寂しさを感じつつも宗蔵は武士として平凡な日々を過ごしていました。

mainph042[1].jpg

ある日、宗蔵ときえは3年ぶりに町で再会します。
きな油問屋の伊瀬屋に嫁ぎ、幸せに暮らしていると思っていたきえ・・・
元気で美しかったその顔は、やつれ・・・

ある日、宗蔵はきえが嫁ぎ先で酷い扱いを受け、寝込んでいることを知り、彼は自分の身分等も忘れ、やつれ果てたきえを背負い、自分の家に連れ帰りました。
そして・・・宗蔵は、出会った時からきっと好きだった。。。
きえを愛していたことに気づき葛藤します。


そんな時、藩に大事件が。。。

かつて宗蔵と同じく藩の剣術指南役だった狭間弥市郎が、謀反を起こしたのです。
宗蔵は、山奥の牢から逃亡した弥市郎を切るように命じられます。
同門の友を斬る・・・反発するも、それは藩命でした。


仕方なく宗蔵は藩命に従い、友人である狭間弥市郎との真剣勝負をするのですが。。。
決着は宗蔵の剣ではなく・・・第三者による最新式の飛び道具でした。
もののふとして、飛び道具によって命をうばわれてしまった友・・・
おまけに、勝利した後、家老が狭間弥市郎の妻にしていたことを知ります。

そんな理不尽な結果を招いたのは家老・狭間弥市郎。
その狭間弥市郎に・・・ついに隠し剣鬼の爪が!!

山田洋次監督らしい・・・信念を貫く男、そしてその男を支える女・・・の物語です。

最後は”良かったね”って感じで心が温かくなりました。

永瀬正敏さんの脇を固めるのは山田洋次監督のいつもの俳優さんです。
永瀬さんの友人には吉岡秀隆さん、お母さんには倍賞千恵子さん、おじさんには田中邦衛さん、小林稔侍さん、神戸浩さんなんかが出ています。

とっても自然で良い感じの映画でした。

↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:35| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。