2012年09月28日

『必殺シリーズ10周年記念スペシャル 仕事人大集合』

『必殺シリーズ10周年記念スペシャル 仕事人大集合』観ました。
仕事人大集合 [DVD] / 藤田まこと, 三田村邦彦, 鮎川いずみ, 中条きよし, 山田五十鈴 (出演); 野上龍雄, 高山由紀子 (脚本); 工藤栄一 (監督)
仕事人大集合 [DVD] / 藤田まこと, 三田村邦彦, 鮎川いずみ, 中条きよし, 山田五十...

話は、『新・必殺仕事人』の最終回で離ればなれとなったレギュラー達が本作にて再集結。

この翌週から放映開始となる『必殺仕事人V』の第1話へと繋がる橋渡し的な作品となっています。


そう、やっぱり『必殺仕事人』といえばVと思うほど、私は思い入れが強いのですが、
いつものメンバーが集結していく中で・・・

知らぬ顔の半兵衛(緒方拳さん)と、棺桶の錠(沖雅也さん)が出てきたときは、本当にうれしかったです。黒ハート

必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1stシーズン3
必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1stシーズン3


必殺DVDマガジン仕事人ファイル(2ndシーズン 2) [ 梶野秀介 ]
必殺DVDマガジン仕事人ファイル(2ndシーズン 2) [ 梶野秀介 ]

だって、いつものメンバーは、いつだってみられるから。黒ハート

友達はみんな、秀さん派か勇さん派に分かれていましたが、そういえば私は知らぬ顔の半兵衛か念仏の鉄が好きでした。揺れるハート

必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1stシーズン4
必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1stシーズン4
必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1stシーズン2
必殺DVDマガジン仕事人ファイル 1stシーズン2
別に、博打好きや助平なところではなくってあせあせ(飛び散る汗)・・・
でも、そう言えば・・・梅安先生も好きでした。あせあせ(飛び散る汗)
スキンヘッドが好き???
ではなくって、役者の深みが好きなのかも黒ハート

必殺DVDマガジン 仕事人ファイル5 念仏の鉄 (T☆1 ブランチMOOK) (T・1ブランチMOOK) [ムック] / 1週間編集部 (著); 1週間編集部 (編集); 講談社 (刊)
必殺DVDマガジン 仕事人ファイル5 念仏の鉄 (T☆1 ブランチMOOK) (T・1ブランチ...



いつも、最後の殺しのシーンがカッコいいので観てしまうのですが、今回はおりくさん・・・
びっくりしました。バチではなかったですね。

それだけ恨んでいたんでしょうか???


でも、いつものメンバーは、いつものメンバーらしく・・・
秀さんは相変わらず甘くって、勇次は色っぽく、お加代は美人なのにあっけらかんと、そしておりくさんは艶やかに。

中村主水は昼行燈で・・・せんとりつにいじめられながら・・・でも、りつは主水さんを今回も心配しながらいびっていました。黒ハート

必殺DVDマガジン仕事人ファイル(2ndシーズン 1) [ 梶野秀介 ]
必殺DVDマガジン仕事人ファイル(2ndシーズン 1) [ 梶野秀介 ]
本当に、一人一人のキャラがかっこよくって、いつでも見たい作品でした。

最近こんなドラマないなあ・・・たらーっ(汗)

[DVD] 必殺仕事人III 上巻(初回限定生産)
[DVD] 必殺仕事人III 上巻(初回限定生産)


↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 20:06| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「七年目の浮気」

どうでしょう?
マリリンの映画の中で、1番有名な映画かも知れませんね。

七年目の浮気 (特別編) [DVD] / マリリン・モンロー, トム・イーウェル (出演); ビリー・ワイルダー (監督)
七年目の浮気 (特別編) [DVD] / マリリン・モンロー, トム・イーウェル (出演); ...

1313656666_1[1].jpg

この地下鉄の風でスカートがまくれるシーンは、あまりにも有名です。
2011年にこの衣装に3億円以上の値段が付きました。黒ハート


ビリー・ワイルダー監督のこの映画、
ストーリーは・・・

主役はきっと、マリリンではなくリチャードという中年男。

ニューヨークの出版社に勤めるリチャードは、妻と息子がバカンスに出かけ、一人でアパートに戻ります。
街中の男は、妻と子がバカンスに行ったのをいいことに浮気をしようと画策中。。。

偶然にも、階上に若いブロンド美女が間借りしているのを知り、浮気心がうずいたリチャードは彼女を家に招します。

もともと想像力がたくましすぎるリチャードは、ひたすら彼女との関係を妄想してゆく。


と・・・

今の映画にしてみれば、「何が七年目の浮気???」と、思えそうですが、当時ハリウッドでは、「赤狩り」や「検閲」が厳しくて、ここまでがぎりぎりでしょう。

でも、マリリンの色気は本当にかわいいですね。黒ハート


当時は、キスシーンも・・・
何回も何回も・・・ため息のつくようなキスシーンが多いのも、検閲で5分以上のキスシーンは禁止されていたからです。

でも、それが魅力的でもあるんですけどね。るんるん


話はそれましたが、「マリリンと中年男の妄想」な話です。


マリリンのちょっと足りない女性・・・そんな役しか回ってこない自分といつまでも綺麗ではいられない・・・そんな不安と不満が溢れていたころの映画ですね。


この頃、大リーガーのジョー・ディマジオと結婚していました。が、ジョーはこの地下鉄のシーンでマリリンのスカートが何回もめくれあがり・・・世界のセックス・シンボルだったマリリン・・・世界中の男に嫉妬します。


日本にも新婚旅行でやってきたときも、マリリン人気に嫉妬し、朝鮮戦争勃発でマリリンは慰問に・・・と、すれ違いの毎日が続きます。そして離婚。。。


マリリンも精神的に酒びたり、睡眠薬のお世話になる日々が続くのですが。。。


そんな苦悩を知っていても、このちょっとバカっぽいところがかわいい・・・と、思ってしまうのです。
同性の人にそう思わせるのって、すごいですよね。黒ハート


私のお気に入りは「お熱いのがお好き」。
こでも、男にだまされてばかりのちょっとおバカな可愛い娘。
でも、マリリンのかわいさが爆発しています。

お熱いのがお好き 特別編
お熱いのがお好き 特別編


是非、観てください。黒ハート


↓ランキングに参加しています。
↓応援してくれると嬉しいです。

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:18| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。