2012年09月19日

「ベン・ハー」観ました。

「ベン・ハー」を観ました。

ベン・ハー 製作50周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(3枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray] / チャールトン・ヘストン, スティーヴン・ボイド, ジャック・ホーキンス, ラモン・ノヴァロ, フランシス・X・ブッシュマン (出演); ウィリアム・ワイラー (監督)
ベン・ハー 製作50周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(3枚組)【初回限定生...
懐かしいです。。。黒ハート

4時間近くあったので、見応えがありました。

そうなんです。ビデオに撮ってあったんですが、4時間近くあると二の足を踏むというか・・・たらーっ(汗)
もちろんぶちぶちきれながら見ましたが、やっぱり凄かったです。黒ハート
で、その4時間の間、私の頭の中はずーっと、


「チャールストン・ヘストン、チャールストン・ヘストン・・・」

と、回っていました。あせあせ(飛び散る汗)

監督は、御存じウィリアム・ワイラー。ハリウッドの黄金期を支えた「巨匠の中の巨匠」です。揺れるハート



内容は・・・
時代はまさにパックス・ロマーナ。
主人公のベン・ハー(チャールストン・ヘストン)は、裕福なユダヤ人貴族です。
ローマに支配されているユダヤの地にやってきたのは親友のメッサーラだった。。。


Ben-Hur20SB20CH-51e08[1].jpg


と、始まります。

しかし、親友だったのも今は昔、2人の立場はエルサレムでは支配者と被支配者になっていました。

そんな不安定になってしまった友情に、事件が・・・

新総督が赴任してきました。そのパレードを屋上で見物していたベンの妹が・・・
寄りかかった石製の手すりが崩れて瓦が落下、危うく総督にぶつかりそうになるという事件が起きたのです。

この事件で、ベンは総督暗殺未遂の濡れ衣をきせられ・・・家族は離散、ベンは罪人としてガレー船の漕ぎ手と身を落とします・・・。

ben-hur-41-2fda6[1].jpg


これが序章かしら???

これに宗教色がつけられ・・・
キリストの生涯とともに話はすすんでいきます。


f0154325_8494328[1].jpg


最後はどうなるのか???

それは、観てのお楽しみ。黒ハート

でしょうか?

でも、とってもストーリーの似ているグラディエーターと比べると、宗教色が強くて”そんな馬鹿な”な部分もたくさんありますが、私は好きです。
練りに練られたストーリー・・・ていうか、王道でしょう!!??

いつも書きますが、デジタルではない”フィルム感”が最高です。

この作品では、復讐を誓ったベン・ハーは、・・・グラディエーターのように戦うわけではなく、戦車競走で決着をつけます。

ベンハー2_thumb[2][1].jpg


よく見ると・・・今の映画のように剣で突き刺すわけでもなく、銃を乱射するわけでもありませんが、戦っている感が・・・アクションの臨場感がたっぷり出ています。
そう、チャールストン・ヘストンの・・・作られた肉体感でないところが良いですね。黒ハート

アカデミー賞で、11部門を獲得した作品です。この記録は『タイタニック』、『ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還』がタイ記録を樹立していますが、未だ破られてはいません。

当時の金額で54億円もかけた超大作ですが、その名にふさわしく、金字塔を打ち立ててくれています。
そして、それは60年たった今でも色あせることはありません。

CGは、やはりCG・・・
生身の人間の、生身の演技が最高!!と、思える作品ではないでしょうか???

ただ・・・
やはり、キリスト色が濃いので、信者とそうでない人とでは感情移入の仕方が違うんだろうな・・・
とは思いました。


ちなみに私は仏教徒ですが、とっても面白かったです。

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:40| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。