2012年08月15日

「マギンティ夫人は死んだ」

BSプレミアムです。

名探偵ポワロ「マギンティ夫人は死んだ」観ました。

デアゴスティーニ 名探偵ポアロ 第12号マギンティ夫人は死んだ
デアゴスティーニ 名探偵ポアロ 第12号マギンティ夫人は死んだ

ストーリーは・・・

ポワロのもとに旧友のスペンス警視が訪ねてきました。
ブロードヒニーという小さな村でマギンティ夫人が殺され、彼女の家に間借りしていた青年ベントリーが逮捕されて死刑判決を受けたと言うのです。
しかし、警視はベントリーが無実と考え、ポワロに再調査を依頼。。。。

と、話は始まります。

ブロードヒニーに着いたポワロは、偶然村に滞在中の知人の推理小説家オリヴァ夫人に遭遇。
マギンティ夫人の遺品を調べたポワロは、記事が切り抜かれた新聞を発見しました。

image[1].jpg

基本的には、青年ベントリーが無実であるということを証明するために動きますが、そこにまた殺人事件が起こって・・・
連続殺人のようになっていくわけですが。。。

灰色の脳細胞はまだまだ現役です。
このポワロの雰囲気が大好きです。黒ハート
何か中世を感じさせるようなこの雰囲気。

そして個人的には、11歳になろうかという娘が映像を見て。。。

「ポワロそっくり!!」

と、言ったことがとっても嬉しかったのです。

そう、彼女が学校の図書館から借りてくる本は・・・

「怪人20面相シリーズ」や「シャーロック・ホームズ」、「名探偵ポワロ」が多いのです。

思わず・・・

「そうなのるんるん
 このデヴィッド・スーシェさんが演じるポワロは、「もしアガサが見たら最も気に入っただろう」と言われてるのよ黒ハート

なんて、あまりの嬉しさにオタクがはじけてしまいました。

が・・・
彼女の読んでいるのはあくまで子供用の本。

おまけに演じている方がみんな同じ顔に見えたようで・・・
退屈していました。

そういえば、私も子供の頃は、外国の方はみんな同じ顔に見えました。。。たらーっ(汗)

まだまだお子様・・・あせあせ(飛び散る汗)
やはり、ポワロは大人のドラマなのです。

私が見だしたのも、高校生ぐらいだったかなあ・・・。黒ハート


と、どっぷりとポワロの世界に浸かりながら、楽しく拝見しました。
楽しかったです黒ハート

マギンティ夫人は死んだ [ アガサ・クリスティ ]
マギンティ夫人は死んだ [ アガサ・クリスティ ]

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 09:36| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。