2012年08月10日

太平洋の軌跡〜フォックスと呼ばれた男〜観ました。

太平洋の軌跡〜フォックスと呼ばれた男〜観ました。
やはりこの季節は、戦争物が多いです。

そして、私の結構好きな竹之内豊さんの大場栄さんという実在の人物を描いた映画です。

太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男− プレミアムエディション<初回生産限定> [DVD] / 竹野内 豊, 井上真央, 唐沢寿明, 阿部サダヲ, 山田孝之 (出演); 平山秀幸 (監督)
太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男− プレミアムエディション<初回生産限定> [DVD] ...
ストーリーは・・・

時代は、太平洋戦争末期の1944年6月。

陸軍歩兵第18連隊、大場栄大尉(竹野内豊)は、北マリアナ諸島サイパン島へ送られます。

original[1].jpg

当時日本の統治下にあったこの島は軍司拠点としても重要な位置を占めており、島を死守することが大場たち日本陸軍43師団守備隊に課せられた最大の使命でした。

この時点で既に日本の劣勢は明らかになりつつあり、サイパン島でも圧倒的な兵器・兵力差のもと、日本軍はアメリカ軍の上陸を簡単に許してしまいました。

サイパン守備隊幹部は日本軍玉砕命令の後自決。。。
アメリカ軍の捕虜となることを恐れた民間人が次々と崖から飛び降り自殺する悲惨な事態へと発展します。
そんな中、玉砕命令を受けた大場隊も突撃、次々と戦死を遂げていくのでした。
しかし・・・
と話は進んでいきます。


太平洋戦争の激戦地サイパン島で、わずか47人の兵力で4万5,000人ものアメリカ軍を翻弄し続け、敵軍から畏れられた実在の日本人兵士、大場栄大尉の実話をもとにした戦争映画です。



「硫黄島からの手紙」と同じような臭いがしたのは、原作がアメリカ人だからでしょうか???

それとも、大場大尉が「どうしてアメリカ人に尊敬されている大尉なのか分かりづらかった」からでしょうか???

なんだか今一つ意味が分からない???って感じが否めません。
そう、私にとっては「硫黄島からの手紙」も意味が分からないから。。。
外国人の表現がそうなのかもしれません。

いつも書いていますが、私の祖父は、地形が変わるほど戦闘が激しかった硫黄島から帰ってきました。
そう、”いおうとう”です。
あの作品を”いおうじま”と読む時点で、「違う!!」って、思ってしまいます。

どうして”いおうじま”なのか?
それは、アメリカ人が、地図に書いてある”硫黄島”を”いおうとう”と読まずに”いおうじま”と読んだからなのです。。。


そんなことも思わずに、映画を撮ったんだ・・・
と、思った感が、そのままこの作品にも出ていると思います。

昔から、海軍はエリートです。
陸軍は、どちらかというと人海戦術の悲惨な戦いが多いと思います。
そりゃあ、特攻隊や回天をきれいごとの様に描く映画もどうかと思いますが・・・

私自身が偏っているのは解っています。
でも、当時の日本人には、愛国心があって、日本の為にみんな我慢して戦った感があまり出ていなくって。。。

本当に悲惨だったのに、(そんなふうには描けないのかもしれないけど)”アメリカが尊敬していた日本人指揮官がいた”というきれいごとの様に見えてしまいました。。。

最後に降伏した時の服装も、みんな新品の様に綺麗な軍服でしたし。。。
事実・・・ホントなのかしら?
国民全員で戦っていた日本人的には「ボロは着てても心は錦」であってほしかったのかもしれません。
そんな私には違和感たっぷりありましたが。
それも綺麗に描いてる感がありました。

でも、命を懸け、命を落とした人たちの犠牲の上に私たちが生きていること。。。
それを忘れてはいけないと思いました。るんるん
そんな愛国心なら、あっていいと思います。揺れるハート

竹之内豊さん、好きなんですけどね。。。揺れるハート

ごめんなさいでした。失恋

タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社黄金文庫) [文庫] / ドン・ジョーンズ (著); 中村 定(なかむら さだむ) (翻訳); 祥伝社 (刊)
タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート


にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:21| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。