2012年08月13日

未来少年コナン・劇場版

「未来少年コナン劇場版」観ました。

もちろん、あのコナンのテレビバージョンを2時間にまとめたものです。

子供と一緒に見たいアニメの一つでした。

内容は言わずもがなですが・・・

2008年に勃発した世界戦争により、地球が変貌を遂げてしまった20年後の世界。。。

野生児コナンとおじいの暮らす孤島・のこされ島に、ある日不思議な少女ラナが流れ着きました。

二人に助けられたラナはコナンと仲良くなりますが、旧時代の文明を誇示して世界の派遣を狙う「インダストリア」の工作員・モンスリーたちによって連れ去られてしまいました。

そのときの争いでおじいをなくしたコナンは、ラナを追ってのこされ島を後にします。

ラナは太陽エネルギーの秘密を握るラオ博士の孫であり、太陽エネルギーを支配しようとする「インダスリア」の行政局長レプカに追われていたのでした。

ラナを救うために立ち上がったコナンの冒険の旅が始まった。。。


というものです。


CONAN-4x3-C12-38127[1].jpg

私の大好きな”おじい”です。
孫の様にかわいがっていたコナン。。。
人は一人では生きていけない・・・
自分が死んだ後は、残され島を離れ、仲間を探していくことを勧めるシーンは涙なくしては観ることが出来ません。

そう、この作品には、”宮崎作品の原点”が詰め込まれています。
自然破壊と太陽エネルギー・・・
宮崎さんは、北斗の拳やリーサル・ウエポンのような砂漠の世界に人間の住処はないと言います。

そんな自然を大切にすることに警鐘を鳴らす・・・今から30年以上も前に、しかも、子供アニメで。。。

電気が大切で、エネルギーを何処から持ってくるのか・・・・・。
日本のこれからの課題をすでに題材にしていたなんて、本当に素晴らしいと思います。


でも・・・
野生児コナンのお蔭で、そんな重い雰囲気も吹っ飛びます。

未来少年コナン3[1].jpg

こんなところや、

1344383832-094903-001[1].jpg

こんなところは有名でしょうか。黒ハート

足で鼻をほじっていた時、うちの娘が笑っていました。
そう、彼女は、足の爪を噛むから・・・あせあせ(飛び散る汗)
きっと、共感したのでしょう。たらーっ(汗)


2時間に縮めていたので、解りにくいところもありましたが、
高い塔の上に捕えられている女の子を助けに行く・・・
それは、カリ城へと繋がっていました。

宮崎さんの作品は、男の子は女の子を守って男に成長する!!ということを意識しているみたいで・・・
そんな感じも出ているので、ほんわかして楽しい気分になります。黒ハート


でも、残念だったのがダイス・・・
主人公はコナンでありラナなので、そんなに欲張っては駄目なのですが、最後の一言がなかったので残念でした。

そう、ダイスの「綺麗だ・・・」と、
モンスリーの「バカね・・・!」

です。

このダイスの一言は、カリ城の銭形警部の言った・・・
「奴はとんでもないものを盗んでいきました。。。あなたの心です!!」

に匹敵するほどの気障な文句だと思うのですが、それは私の色眼鏡でしょうか???

konan26wa[1].jpg


とにかく、楽しんでみるだけではなく、何か学んでほしいですよね。黒ハート

宮崎さんの作品は、観終ったらいつもお腹いっぱいです。
御馳走様でした。揺れるハート


↓ランキングに参加しています。黒ハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 アニメブログ アニメ感想へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 08:54| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「鬼太郎が見た玉砕〜水木しげるの戦争」

「鬼太郎が見た玉砕〜水木しげるの戦争」観ました。

前にも観ましたが、やっぱりこの暑い夏には、戒めの為にもこんな太平洋戦争の番組は見ないといけませんね。

水木しげる夫婦は、香川照之さんと田畑智子さんです。

ストーリーは・・・


水木は、昭和18年21歳の時に召集され、ニューギニアのラバウルに送られました。
当時ニューギニアは連合軍に島の半分を占領され、日本軍の敗色は濃厚。。。
水木二等兵は最前線の小隊に配属され、片腕を失いながらも過酷な戦場を生き抜きました。

それは、NHKの「ゲゲゲの女房」でも描かれていましたが・・・

《送料無料》ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 1(DVD) ◆20%OFF!
《送料無料》ゲゲゲの女房 完全版 DVD-BOX 1(DVD) ◆20%OFF!


その時もやっていましたが、ニューギニアを気に入った水木しげるが・・・
何かに取りつかれたように自らの戦争体験記を漫画にする物語でした。

P1030550[1].jpg

「総員玉砕せよ!」
この時代だから起きたのか・・・
本当に理不尽な物語でした。

総員玉砕せよ!/水木しげる
総員玉砕せよ!/水木しげる


南方に取り残された人々を、こう表現されています。

「ここに
 生きてはならぬ人間がいた
 玉砕命令が出て
 生きているということは
 死刑である
 と彼らも知っていた」

本当に悲惨な物語です。
これは、水木さんだけではなく、当時の殆どの戦争に行った人たちの体験記と言ってもいいのではないでしょうか?

こんな時代を二度と引き起こさないためにも、若い人に見てほしいドラマでした。

敗走記 (講談社文庫 み 36-12) [文庫] / 水木 しげる (著); 講談社 (刊)
敗走記 (講談社文庫 み 36-12) [文庫] / 水木 しげる (著); 講談社 (刊)

水木しげるのラバウル戦記 (ちくま文庫) [文庫] / 水木 しげる (著); 筑摩書房 (刊)
水木しげるのラバウル戦記 (ちくま文庫) [文庫] / 水木 しげる (著); 筑摩書房 (刊)


↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 08:10| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

太平洋の軌跡〜フォックスと呼ばれた男〜観ました。

太平洋の軌跡〜フォックスと呼ばれた男〜観ました。
やはりこの季節は、戦争物が多いです。

そして、私の結構好きな竹之内豊さんの大場栄さんという実在の人物を描いた映画です。

太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男− プレミアムエディション<初回生産限定> [DVD] / 竹野内 豊, 井上真央, 唐沢寿明, 阿部サダヲ, 山田孝之 (出演); 平山秀幸 (監督)
太平洋の奇跡 −フォックスと呼ばれた男− プレミアムエディション<初回生産限定> [DVD] ...
ストーリーは・・・

時代は、太平洋戦争末期の1944年6月。

陸軍歩兵第18連隊、大場栄大尉(竹野内豊)は、北マリアナ諸島サイパン島へ送られます。

original[1].jpg

当時日本の統治下にあったこの島は軍司拠点としても重要な位置を占めており、島を死守することが大場たち日本陸軍43師団守備隊に課せられた最大の使命でした。

この時点で既に日本の劣勢は明らかになりつつあり、サイパン島でも圧倒的な兵器・兵力差のもと、日本軍はアメリカ軍の上陸を簡単に許してしまいました。

サイパン守備隊幹部は日本軍玉砕命令の後自決。。。
アメリカ軍の捕虜となることを恐れた民間人が次々と崖から飛び降り自殺する悲惨な事態へと発展します。
そんな中、玉砕命令を受けた大場隊も突撃、次々と戦死を遂げていくのでした。
しかし・・・
と話は進んでいきます。


太平洋戦争の激戦地サイパン島で、わずか47人の兵力で4万5,000人ものアメリカ軍を翻弄し続け、敵軍から畏れられた実在の日本人兵士、大場栄大尉の実話をもとにした戦争映画です。



「硫黄島からの手紙」と同じような臭いがしたのは、原作がアメリカ人だからでしょうか???

それとも、大場大尉が「どうしてアメリカ人に尊敬されている大尉なのか分かりづらかった」からでしょうか???

なんだか今一つ意味が分からない???って感じが否めません。
そう、私にとっては「硫黄島からの手紙」も意味が分からないから。。。
外国人の表現がそうなのかもしれません。

いつも書いていますが、私の祖父は、地形が変わるほど戦闘が激しかった硫黄島から帰ってきました。
そう、”いおうとう”です。
あの作品を”いおうじま”と読む時点で、「違う!!」って、思ってしまいます。

どうして”いおうじま”なのか?
それは、アメリカ人が、地図に書いてある”硫黄島”を”いおうとう”と読まずに”いおうじま”と読んだからなのです。。。


そんなことも思わずに、映画を撮ったんだ・・・
と、思った感が、そのままこの作品にも出ていると思います。

昔から、海軍はエリートです。
陸軍は、どちらかというと人海戦術の悲惨な戦いが多いと思います。
そりゃあ、特攻隊や回天をきれいごとの様に描く映画もどうかと思いますが・・・

私自身が偏っているのは解っています。
でも、当時の日本人には、愛国心があって、日本の為にみんな我慢して戦った感があまり出ていなくって。。。

本当に悲惨だったのに、(そんなふうには描けないのかもしれないけど)”アメリカが尊敬していた日本人指揮官がいた”というきれいごとの様に見えてしまいました。。。

最後に降伏した時の服装も、みんな新品の様に綺麗な軍服でしたし。。。
事実・・・ホントなのかしら?
国民全員で戦っていた日本人的には「ボロは着てても心は錦」であってほしかったのかもしれません。
そんな私には違和感たっぷりありましたが。
それも綺麗に描いてる感がありました。

でも、命を懸け、命を落とした人たちの犠牲の上に私たちが生きていること。。。
それを忘れてはいけないと思いました。るんるん
そんな愛国心なら、あっていいと思います。揺れるハート

竹之内豊さん、好きなんですけどね。。。揺れるハート

ごめんなさいでした。失恋

タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社黄金文庫) [文庫] / ドン・ジョーンズ (著); 中村 定(なかむら さだむ) (翻訳); 祥伝社 (刊)
タッポーチョ 太平洋の奇跡 「敵ながら天晴」玉砕の島サイパンで本当にあった感動の物語 (祥伝社...

↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート


にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 12:21| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。