2012年07月07日

「男たちの大和」観ました。

主演は、反町隆史さんなのでしょうか???

20070408215302[1].jpg

松山ケンイチさんのようにも思えますが、やはり、最期を知っているだけに、”それ”に突き進んでいく姿は、涙なくしては語れませんね。。。

img_1193946_36202314_2[1].jpg

男たちの大和/YAMATO (通常版)
男たちの大和/YAMATO (通常版)

はじめは、「大和カッコいい!!波動砲どこ??」なんて、思って見ていましたが・・・

夏休みになると、戦争の番組が増えますね。
今年もこの時期が来たなあ・・・なんて、思いながら見ました。

子を持つ親としては、15歳の子供が”敵を殺せ”と教え込まれるという現実には、痛ましいものを感じます。
でも、これが、現実だったのであって、目をそらせてはいけないでしょう。

この映画のいいところは、普通の人としてみんな描かれているところ。。。
例え”天皇陛下万歳”の時代であったにせよ、みんな死ぬのは怖いし、死なせたくはない・・・。

そして、男手のなくなった日本は、疲弊していきます。
そんな”カッコいい”とはかけ離れた現実の戦争を描いているように思いました。


実際、職業軍人の大人はともかく、少年兵を戦わせるのは酷いよなあ・・・と、思ってしまったりしました。

私の祖父も、職業軍人でした。
陸軍でしたが、変形するほど爆撃された生存率5%の島から、いわゆる”ぬけぬけ”と帰ってきました。
祖父が島から帰ってこなければ、私は生まれていないわけですが・・・
どんな思いで生きて、死んでいったのかなあ・・・なんて、いつも考えさせられます。


でもやはり、生きて帰ってくること。。。それは大切なこと。
命は大事にしないといけませんね。
こんな思いをしてきた人の犠牲の上に、私たちは今、生きていることを忘れてはいけませんね。

若い人にこそ、こんな時代もあったんだと、見てほしい映画だと思いました。
そうすれば、みんな、ちょっとしたことでキレたりしないだろうし、命を大切にしてくれるかと思います。黒ハート

個人的には、今、私の中で流行っている「影の軍団」の瓢六・高岡建治さんと、喜平次・春田純一さんが出ていました。黒ハート
ラッキーでした。るんるん


【全巻セット】 男たちの大和 決定版 文庫 上下巻セット
【全巻セット】 男たちの大和 決定版 文庫 上下巻セット

硫黄島 地獄の36日間
硫黄島 地獄の36日間

↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。揺れるハート
にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 11:10| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。