2012年07月06日

「悪魔が呼んだ奥州路」

第3話「悪魔が呼んだ奥州路」

ストーリーは・・・
烏山藩がお取り潰しとなりました。
その城受け渡しの任を受けたのは真田藩。。。
真田藩は、失敗の確率が高い仕事を支藩の平久保藩に押しつけます。
お甲の企みで平久保藩に協力する事になった半蔵は、老中酒井と真田藩の家老 真田典膳の間で、何かの密約があると睨むのでした。

瓢六が酒井宅に忍び込み、負傷はしたものの、真田藩による平久保藩乗っ取りの陰謀を暴く密書を手に入れます。
しかし平久保藩士は、真相を知った上で、敢えて任務を果たそうとします。
ここら辺が、日本的なかんじがしますね。

真田忍者の襲撃で傷つきながらも、何とかたどり着いた烏山城。。。
真田も、真田信之の忍になるのかしら?まあ、こちらも優秀な忍であることには変わりはないでしょうが。。。敵なのね。

真田は、真田幸村のイメージが強いので、外様と思われがちですが、こちらは兄の信之。
信之は、本田忠勝の娘を正室に迎えているので譜代大名に位置しています。
でも、なんにせよ、伊賀以外の忍は敵となるでしょうから。。。
深いことは気にしない気にしないあせあせ(飛び散る汗)


抵抗を覚悟して訪れたが、城内の者はすべて自害して果てていました・・・。
結局城受け渡しは成功黒ハート

多くの血が流された事に怒る半蔵は、 真田典膳を斬ってしまいました。
おいおい、そんな権限あるのかい???

さらに密書により酒井の罪を白日の元にさらそうとしたが、混乱を避けるため、保科は半蔵の目の前でその密書を燃やしてしまいました。

甲賀と伊賀を巧みに使って腹黒い保科さんですが、まあ、政治とはこういうものなのでしょう。
半蔵は、あくまでも愚直に生きる忍です。黒ハート


で、瓢六は、二枚目担当ですが、本当に、カッコいいですね。揺れるハート
これぞ忍!!って感じがよく出ています。
そして、この頃って、忍の数も少数精鋭で、キャラクター設定もしっかりしているかと。。。
日野正平さんなんかも、大八ピッタリ。揺れるハート
そういう意味では、引き締まった作品なんじゃないかなあ・・・って思います。

豊臣家のNo,2 真田幸村〜家康を震撼させた伝説の武将〜はこちら
炎の突撃!真田幸村 戦国最後の華〜菩提を超える勇気〜はこちら
城下町へ行こう!「上田の城下町」はこちら


服部半蔵 影の軍団 BOX (初回限定生産)
服部半蔵 影の軍団 BOX (初回限定生産)


↓ランキングに参加しています。揺れるハート
↓応援してくれると嬉しいです。るんるん
にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 13:18| Comment(0) | 影の軍団 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。