2012年05月23日

「必殺!」観ました。

必殺仕事人の劇場版第一弾です。
《送料無料》必殺! 劇場版 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!
《送料無料》必殺! 劇場版 DVD-BOX(DVD) ◆20%OFF!

まあ、時代劇ですからいつものパターンを2時間でやる!!みたいなものですが、みんな、かっこいいですね。揺れるハート

懐かしいです。揺れるハート

1984年、私がオタクにどっぷりつかっていたころの作品です。

当時からマンガやアニメがオタクの中心でしたが、「必殺仕事人シリーズ」と「影の軍団シリーズ」「太陽にほえろ」や「西部警察」はドラマの中でも別格にオタクでした。

私の買っていた「ファンロード」でも、よく登場していました。るんるん
そういえば、投稿ハガキ、1枚も載らなかったなあ・・・たらーっ(汗)

で、話はそれましたが、「必殺!」

内容は、江戸で身元不明の死体があちこちで見つかります。
そして、その仕事人らしいと思われるその死体の口には三途の川の渡し賃、六文銭が・・・。

そう、仕事人が狙われていたのです・・・。

と、始まります。

藤田まことさん亡くなられました。
本当に残念です。
好きだったか?と言われると???ですが、でも、この人の作品をたくさん見て育ちました。
まあ、当時は秀さんや勇次の方が良かったからなあ・・・。黒ハート
だって、10代だったんだから。
おじさんすぎますよね。主水さん。

imageCAZEX2IW.jpg

でも、今見ると、かっこいいなあって思います。黒ハート

そしてこの映画、最後の殺るシーンの為にあるような作品でした。

そして、いつも思うのは、「おりくさん、色っぽすぎる!!黒ハート」ってことかしら。

imageCA3SQOKY.jpg

最近、少年隊のヒガシでやっていますが・・・。
みなさん、着物の所作に色っぽさを感じないいんですよね。。。

おりくさんの”つきえり”本当に、かっこいいのです。
所作も目配せも。黒ハート
日本の美は「隠す」ことにあると思います。

外国のように”バーン”と、お色気ムンムン肌見せ攻撃ではなく、殆ど見えていないのに、ちらっと見える襟足、手首、足首が良いのです。るんるん

で、最高にかっこいい殺るシーンです。
みなさん、かっこいいのです。

imageCAX42NEZ.jpg

私は、もちろん若かったので、ちょっと甘い秀さんが好きでした。揺れるハート


imageCATC2DP5.jpg

でも、勇次の色っぽさは、おりくさんに匹敵するほど妖艶です。黒ハート


私は昔から時代劇で育ってきました。
だから、三味線を習っていたこともあるのだけれど。。。
いつも、おりくさんを見ては・・・
「バチでは殺せるな!!でも、象牙はもう手に入らないから勿体ない!!」

とか、勇次を見ては、
「痛い痛い!!一の糸だろうけど、自分の手に食い込んで痛いでしょ!!おまけに、最後に糸を切るシーン・・・絶対に無理!!」

なんて思いながら見てしまいます。

みなさん本当に色気があってかっこよかったです。

そんな時代劇、また見たいなあ・・・。


『いちかけ、にかけ、さんかけて、
 仕掛けて、殺して、日が暮れて、
 橋の欄干腰下ろし、遥か向こうを眺むれば、
 この世はつらい事ばかり、
 片手に線香・花を持ち、おっさんおっさん何処行くの? 
 私は必殺仕事人。中村主水と申します。

「それで今日は、いったい何処の誰を殺れと仰るんで」』

新 必殺仕事人 上巻 [DVD] / 藤田まこと, 三田村邦彦, 中条きよし, 鮎川いずみ, 山田五十鈴 (出演); 貞永方久, 松野宏軌, 田中徳三, 前田陽一, 井上梅次 (監督)新 必殺仕事人 中巻 [DVD] / 藤田まこと, 三田村邦彦, 鮎川いずみ, 中条きよし, 山田五十鈴 (出演); 田中徳三, 工藤栄一, 松本明, 黒田義之, 貞永方久 (監督)新 必殺仕事人 下巻 [DVD] / 藤田まこと, 三田村邦彦, 鮎川いずみ, 中条きよし, 山田五十鈴 (出演); 水川淳三, 松野宏軌, 前田陽一, 田中徳三, 黒田義之 (監督)
↓ランキングに参加しています。るんるん
↓応援してくれると嬉しいです。黒ハート

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 17:53| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。