2011年09月20日

幸福の黄色いハンカチ

幸福の黄色いハンカチ
日本の映画で、ニ番目に好きな映画かもしれません。ちなみに、一番好きなのも、高倉健、倍賞千恵子、そして倍賞千恵子の子供が、吉岡秀隆の「遥かなる山の呼び声」です。

「幸福の黄色いハンカチ」

ああ、高倉健さん、本当にカッコいいです。倍賞千恵子さんも本当に素敵でした。二人の何気ない演技が本当にすばらしいです。倍賞さんは、いつも化粧っ気のない、どこにでもいそうなのに、可憐なイメージが、今でもありますよね。

もちろん、武田鉄矢さんも、桃井かおりさんも味があって素敵でした。これは、山田洋次監督マジックなのでしょうか?

砂の器の脚本もされているんですね。重い人生を、人間の心のうちを、口ではなく、目で、背中で、語らせるのがとっても上手だなあ・・・。と、感心して見ていました。

島勇作(高倉健)は、1回刑務所に入っていた危険な仕事の炭鉱夫、光枝はスーパーのレジをしていて、離婚暦があって・・・。と、経済的にも人生でも、生きていくだけで精一杯の二人・・・。活字で見ると、どこにそんなロマンスじみたものがあるのかなあ・・・。と、思うんだけど、この二人が演じると、すばらしい、としか言いようがないのです。

あらすじは「こちら」

武田鉄矢さんと桃井かおりさんが、人を寄せ付けがたい健さんのそばで、コミカルに演技をしてくれていて、ホンワカします。本当に、名作です。悪人も一人も出てこないし、これが山田洋次監督のすばらしさなのでしょうね。

こんなに愛しているなら、もっと器用に生きたらいいのに!!って感じですが、健さんも映画の中で言ってましたね。「俺は不器用な男だからな」「あいつはいい女だからな・・・。」いちど、健さんに言ってもらいたい一言です。

本当に、心が温まる映画でした。


にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 09:59| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当にリメイク?

本当にリメイク・・・。
ガッボーン!!。ショックでしたガ━━(゚Д゚;)━━ン!(/□≦、)。

「イエローハンカチーフ」

本当にショックで立ち上がれません・・・。見なければよかった。(≧ヘ≦)

私は自分は何様でもないので、あんまり悪評するのは嫌なのですが、これは酷い!!と思って、ネットで批評を見てみましたが、若い子達の反応は結構よかったのにビックリしました。

これは、ジェネレーションギャップなのかもしれませんね・・・。

まず、高倉健演じる島勇作。これは、ウィリアム・ハートが演じています。無口な役でしたが、まず、禿げているのと(禿が悪いわけではないのよ・・。私は、ショーン・コネリーが大好きだし)体が微妙にメタボっポイのです。刑務所から出てきた役なのよ!もっと、細身で無口ではなく、寡黙な翳のある人なのよ!と思ってしまいました。

刑務所から出てきて、ビールを飲むのですが、これがまた、優雅に美味しそうに飲むのです。健さんは、刑務所の飯は不味かった!!といわんばかりに、どんぶりをかき込みます。なんか、始めから逼迫間が違うのです。

それから、武田鉄矢演じる欽ちゃんをやる男の子は、世間の人と上手くコミュニケーションをとれないちょっと変わった男の子、桃井かおり演じる朱美は、彼氏とケンカして、親にも反発している今時の女の子。という設定でした。二人とも、高校生に見えるくらいの幼さで、刑務所帰りの男の気持ちを受け取るには、ちょっと押しつぶされそうに感じました。

映画の内容は、ちゃんとリメイクです。男の子が海老(欽ちゃんは蟹)の食べすぎでお腹を下すシーンもありましたし。

でも、一番違ったのは、回想への持って行き方。原作では、刑務所帰りだとばれるまで回想シーンはなかったように思います。リメイクではたびたびフラッシュバックのように入るのです。健さんのように思い出を悔恨と愛情を込めて話すのではなく、いきなりはいってくるので何が何だかわからなくなりました。おまけに、刑務所関係に入ったのは三回目。初めは悪いことをして少年院に。二回目はドラッグ。三回目は不慮の殺人。ドラッグって・・・(#`皿´) 許せませんでした。

倍賞千恵子演ずる光枝は、スーパーのレジ打ち。どこか不幸な感じがするのですが、リメイク(マリア・ベロ)では活発な感じがします。おまけに、健さんは「この女しかいない!」と決めてから話しかけるのに6ヶ月もかかり、一緒になろうと言いましたが断られます。そして、しばらく考えてから、その理由を家まで説明に来る光枝「あたし、一度結婚したことがあるのよ・・・。あんたそれでもいいの?」
で、結婚するのですが、なんと、リメイクではラブシーンもあるし、スカートに手を入れて怒られて一旦別れる。みたいな感じなのです。健さんは、スカートに手は入れないよ!!ΣΣ( ̄◇ ̄;)!ガーン!がーん!ガーン!

で、流産するシーンも生々しいし、そのあと荒れてマリアはウィリアム・ハートを口汚く、何回も罵るのです。これまたガーン!です。光枝は耐え忍ぶ女なのよ〜!

もちろん結末も一緒なので、待ってるんだけどね・・・。でもって、黄色のハンカチの中でラブシーン・・・。

何もかも表現がダイレクトすぎて、困ってしまいました。

これは、私が幸福の黄色いハンカチの大ファンだから思うのかしら・・・。

アメリカでは、ONE PIECEがあまり人気がないと聞きました。ルフィや仲間達の、裏に隠された苦しみや悲しみがまどろっこしいのか、よく解らないからだそうです。例えば、ナミなんかは、本当の苦しみまで、ずいぶん長い(アーロン編)でしょ。そして、みんな悲しみは自分の胸に閉まっていて、そのことには敢えて触れないでしょ。そういう優しさが解らないというか、そんな表現がないのかもしれませんね。

アメリカの人は、高倉健さんの演技を見てビックリするそうです。何がって、「あれだけ寡黙なのに、表現が出来ることに」。リメイクといっても、文化の違いが現れましたね。別物の映画としてみることを、私はお勧めします。でも、そうなると、退屈な映画のようにも思えました。

やっぱり、「幸福の黄色いハンカチ」が良いってことで。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



posted by ちゃーちゃん at 07:59| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。