2011年09月05日

松田優作は生きている

松田優作はいきている!
土曜日に、BSジャパンでやっていました。スチール写真家の、渡邊俊夫さんの思い出をを中心に、松田優作が蘇ってきました。

相変わらずカッコいいですね。

私も、やはり、「なんじゃこりゃ!!」のシーンを鮮烈に覚えています。

太陽にほえろは、どんなに若くても、「新人デカの殉職シーンは自分の考えた脚本で殉職させてくれる。」で、有名でしたね。

私は、ジーパン刑事の頃は、まだまだ子供だったので、カッコいいとは思いませんでしたが、っていうか、怖かったので(^▽^;)。

でも、今から思うと、本当に存在感があって、色々な人に影響を及ぼしている人なんだなあ・・・。と、感心しました。

番組の中では、今や大御所となった石橋蓮司さん、桃井かおりさん、すごいメンバーが、松田優作さんの凄さを語ってくれていました。

特にはっとしたのは、桃井かおりさんが「死んでしまったら、変われない。そのままだから。」というようなことを言ったってこと。

いつも私は大好きなマリリン・モンロー、ジェームス・ディーン、ブルース・リーなんかを思い出す時、若く死んだから永遠なんだなあ・・・。綺麗なままで、カッコいいままで、永遠なんだ。と、思っていましたが、それは、ファンが思う”こうあってほしい”と思う気持ちだけなのかも知れませんね。

当たり前ですが、みんなもっと生きたかっただろうし、生きていたら新しい境地を開いて、ファンである私たちも新しい彼らを見ることが出来たのでしょうね。

死んでなお、こんなに影響力があるなんて、すごい人ですね。

ちなみに、松田優作さんの演じる「探偵物語」これも有名ですが、このときに使われているスチールの机は、仮面ライダーダブルで主人公で探偵の左翔太郎が使っているのは有名ですね。このときも、ご本人、桐山漣くんは松田優作を意識していたとのこと・・・。

でも、あの野獣っぽさは、だれ彼と出来るものではないですよね。

のんきに、面白いなってダブルを見ていましたが、探偵物語を意識していたなんて、だから面白かったのかしら。

最近では、息子さんたちがテレビで活躍されていますね。出てきた時はあまり感じませんでしたが、だんだんとお父さんに似て来ましたね。

良い俳優さんになってください。o(*^▽^*)o~♪

懐かしかったです。古きよき時代かしら?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:21| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。