2011年09月01日

川本喜八郎の世界。

川本喜八郎の世界。
最近、BSアーカイブスにはまっています。というか、自分の見たい番組は、BSにしかないのでは?と思うくらい普通のチャンネルに魅力を感じないのです。

フジテレビの抗議デモや、島田紳助さんの引退といい、どちらも何が本当かわかりませんが、韓国が流行ったら右へなれ、おばかタレントが流行ったら右へなれ、みたいなのは、好きではありません。

特に、不良だったり、おばかなことを売りに出てくるのはどうかなあ・・・。と、思うのです。世間では、普通、通用しませんからね・・・。

で、BSにはまっているのですが、今日はのんきに、「川本喜八郎の世界」を見ました。

「すばらしい!!」の一言です。

皆さんご存知だとは思いますが、NHK「三国志」の人形アニメーション作家さんです。

CGでできる所もすべて手作業で、1秒に24コマ入れるのだそうです。なんて、贅沢な。(*´∇`*)

テレビでは、「死者の書」という作品をどのようにして作ったのか。と、話が進んでいき、苦悩しながら出来上がる。という、満足するテレビでした。当時川本さんは80歳。何を苦悩するの?では、私達はなに?と、思ってしまいました。でも、それが、ものを造るってことなのでしょうね。

お話の内容は、信仰深い藤原郎女と、無念のうちに非業の死を遂げた大津皇子の亡霊との物語です。

うーん(≧ヘ≦) 、とっても難しいお話です。郎女と大津皇子は惹かれつつ・・・。最終的に、衣を持っていない男のために、蓮糸で布を織り、その布に曼荼羅を仕上げていきます。
そうして、郎女自身も、仏教を極めていくといったお話です。

とにかく、仏教色の強い、凡人には理解できないような内容です。(´Д`) =3 ハゥー

ですが、その作品に対する気持ちが、ビンビンと伝わってきて・・・。すばらしかったです。アニメーションといっても、いわゆるアニメとは、本当に別物で、アフレコも画像より先で、声にあわせて作っていくそうです。

どちらかというと、文楽や、能に近いものを感じました。
文楽では、「顔が一緒なのに、何で泣いてるように見えるの?」と、子供の頃に不思議に思っていましたが、そこはアニメ。目玉は動くし、体も関節が入っているし、服もなびくように金属が入っていて・・・。

文楽がハイテクになったような、不思議な感じでした。

夏休みで疲れきっていた、私の気持ちが豊かになりました。(* ̄∇ ̄*)

やっぱり、本物は良いですね。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 12:56| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。