2011年09月05日

松田優作は生きている

松田優作はいきている!
土曜日に、BSジャパンでやっていました。スチール写真家の、渡邊俊夫さんの思い出をを中心に、松田優作が蘇ってきました。

相変わらずカッコいいですね。

私も、やはり、「なんじゃこりゃ!!」のシーンを鮮烈に覚えています。

太陽にほえろは、どんなに若くても、「新人デカの殉職シーンは自分の考えた脚本で殉職させてくれる。」で、有名でしたね。

私は、ジーパン刑事の頃は、まだまだ子供だったので、カッコいいとは思いませんでしたが、っていうか、怖かったので(^▽^;)。

でも、今から思うと、本当に存在感があって、色々な人に影響を及ぼしている人なんだなあ・・・。と、感心しました。

番組の中では、今や大御所となった石橋蓮司さん、桃井かおりさん、すごいメンバーが、松田優作さんの凄さを語ってくれていました。

特にはっとしたのは、桃井かおりさんが「死んでしまったら、変われない。そのままだから。」というようなことを言ったってこと。

いつも私は大好きなマリリン・モンロー、ジェームス・ディーン、ブルース・リーなんかを思い出す時、若く死んだから永遠なんだなあ・・・。綺麗なままで、カッコいいままで、永遠なんだ。と、思っていましたが、それは、ファンが思う”こうあってほしい”と思う気持ちだけなのかも知れませんね。

当たり前ですが、みんなもっと生きたかっただろうし、生きていたら新しい境地を開いて、ファンである私たちも新しい彼らを見ることが出来たのでしょうね。

死んでなお、こんなに影響力があるなんて、すごい人ですね。

ちなみに、松田優作さんの演じる「探偵物語」これも有名ですが、このときに使われているスチールの机は、仮面ライダーダブルで主人公で探偵の左翔太郎が使っているのは有名ですね。このときも、ご本人、桐山漣くんは松田優作を意識していたとのこと・・・。

でも、あの野獣っぽさは、だれ彼と出来るものではないですよね。

のんきに、面白いなってダブルを見ていましたが、探偵物語を意識していたなんて、だから面白かったのかしら。

最近では、息子さんたちがテレビで活躍されていますね。出てきた時はあまり感じませんでしたが、だんだんとお父さんに似て来ましたね。

良い俳優さんになってください。o(*^▽^*)o~♪

懐かしかったです。古きよき時代かしら?



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:21| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

ルパンVS複製人間

ルパンVS複製人間
土曜日にやっていましたね。「ルパンVS複製人間」懐かしいです。

1978年の作品ですが、今のものとも比べても、全く遜色ないと思うのは、私の贔屓目でしょうか?

絵の技術はそれは今に比べれば劣りますが、ストーリー内容は、芯がしっかりあって、遺伝子技術の発達した今ならば、起こりうる世界だと思います。

最近のはインターネットがあるので、調べるのも盗むのも、何をやるのもコンピューターですが、パリのテラスでたくさんの本を積んで調べ物をしているルパンに微笑ましさを感じました。エントラップメントで、ショーン・コネリーも言ってたでしょ。何でもコンピューターなんて、面白みにかけてしまうのはアナログ世代だからかな〜(´Д`) =3 ハゥー。

でも、ルパンの山田康夫さんも、マモーの西村晃さんも、お亡くなりになられていて、ふと寂しさを感じました。(TmT)

里見浩太朗さんは大好きですが、西村晃さんが黄門様をしていたら、水戸黄門もなくならなかったのかしら・・・。これも、時代でしょうか?

そして、ルパンも、最近のド派手なものよりは、昔のルパンのほうが好きです。女の人の顔なんかは、流行りも多く、あまり好きではありません。

前に見たのに、銀河英雄伝説?みたいな顔の人もいたりして・・・。キャラクターデザインも、流行り廃りがあるだろうけど、原作に忠実にか、新ルパンの画風を真似るかぐらいが、私は好きです。

久しぶりに、童心に返って見ることが出来ました。

あー、マモー怖かった。(TωT)



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
ラベル:複製人間 ルパン
posted by ちゃーちゃん at 08:53| Comment(0) | アニメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

こち亀♪

こち亀♪
昨日はこち亀の映画を見てきました。

インターネットで見た評判はあんまり良くなかったですが・・・。

というのも、スマップの人気は30〜40代の女性、両さんの人気は40代男性ということで、女性は両さんの香取君は別に要らないし、男性は香取君でなくても良い。ということらしいのです。

ちなみに、私は40代女性の少年漫画ファンです。ばっちりどちらにもはまります。(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!

うーん、少年漫画ファンとしては、香取君の両さんはカッコよすぎます。もともと両さんはゴルゴ13みたいだし、毎週のように拳銃ぶっ放していたし、もこみち君の中川は・・って言うか、初めの頃の中川は、本当にバかなボンボンです。どちらも、最近のこち亀からきているのでしょうが、ちょっと違和感があります。( ̄□ ̄;)!!

お話は、原作をもとにしていますね。あのお話はジャンプで読んでいました。何回かに分けて連載されていましたし、昔の日本というか、下町の江戸っ子の雰囲気が出ていて私も結構好きでした。とんちんかんも出ていたし。

誘拐の部分がオリジナルではなかったのかしら?

今回、両さん、お金もかかっていないのに、犯人捕まえていました。(;^_^A
いつものコトながら、ハッピーエンドでよかったです。

色々面白かったのに、何で興行収入が悪いんだろう?今のお母さんは「神様のカルテ」とかしか良いのかな?

子供が見たら面白いし、大人が見たらジーンと来る出来だったと思うんだけどな・・・。(≧ヘ≦)

私とあーこは楽しく見てきました。あー、面白かった。

そういえば、両さんとの付き合いも、30年になりました。o(*^▽^*)o~♪


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 17:59| Comment(0) | 邦画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。