2011年09月11日

砂の器 

砂の器
楽しみにしていました、砂の器。

昨日の晩始まりましたね。

どうでしょう?

玉木宏の吉村刑事、ちょっとかる過ぎないかな・・・。と、思いました。

脚色の仕方が違うのでしょうが、いつも吉村刑事は、若くて、突っ走って、空回りして・・・。という感じがするのですが。

で、中谷美紀についてはノーコメントで。と、言いたくなりました。なんで、べらべらと捜査情報を話すのかなあ、吉村刑事。

加藤剛さんの「砂の器」のせいで、どれを見てもあの映画が一番に思えてしまいます。

重厚で、重たすぎますか?

古い人間なのか、やっぱりドラマにはフィルムの暖かさが欲しいなあ、と、思ってしまいます。デジタルは綺麗過ぎます。

今日の第二夜に、期待しています。どんな理由で和賀英良は放浪していたのか?殺人を犯したのか?

楽しみにしています。(* ̄∇ ̄*)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ラベル:砂の器  玉木宏
posted by ちゃーちゃん at 12:41| Comment(0) | テレビ番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

カサブランカ

カサブランカ

先日、イングリット・バーグマンの「ガス燈」を見ました。

で、もっと見たくなって、「カサブランカ」を見ました。今でも人気の衰えることのない作品です。
カサブランカ [Blu-ray] / イングリッド・バーグマン, ハンフリー・ボガート, ポール・ヘンリード, クロード・レインズ, コンラート・ファイト (出演); マイケル・カーティス (監督)
カサブランカ [Blu-ray] / イングリッド・バーグマン, ハンフリー・ボガート, ポー...
私はいつも、疲れると昔から現実逃避型になります。

周りにおしゃべりして発散してももっと疲れが出たり、自己嫌悪になることが殆どなので、リフレッシュするためには現実逃避をします。

で、「ガス燈」を見て、もっと逃避したくなったので、「カサブランカ」を見ました。

映画は見たことがない人でも、一度はポスターを見たことがあると思います。男の人と女の人がつばのある帽子をかぶって向かい合っている・・・。モノクロのポスターです。

あれは、バーグマンの魅力を200%ぐらい発揮してくれています。(ノ∇≦*)

物語は、第二次世界大戦時、親ドイツのヴィシー政権の支配下にあったフランス領モロッコのカサブランカを舞台にしたラブロマンスです。

地の果てのようなカサブランカ、そこで酒場を営むリック(ハンフリー・ボガード)、その酒場へ入ってくるヴィシー政権にとっての危険分子ドイツ抵抗運動の指導者ラズロ(ポール・ヘンリード)、その傍らには息をのむほどに美しい女性が・・・。この女性は、昔、パリが平和だった頃、リックが愛した女性イルザ(イングリット・バーグマン)だったのです。

この二人の関係は?というところから話は始まって・・・。

この作品は、ハンフリー・ボガードが一番ボギーらしい作品です。ボギーといえば、ハードボイルドで、コートの襟を立てタバコを摘む、このマネをたくさんの方がされますよね。

ボギーを見ていて思うのは、あんなにぶっきらぼうで、ブツブツ台詞を言って、どうしてラブロマンスになるの?というところかしら?それは、あんなにぶっきらぼうなのに、「君の瞳に乾杯」「そんな昔のことは忘れたよ」「そんな先のことはわからない」という歯の浮くような台詞をさらっと言うから・・・。例えば、他の俳優さんがやったらニヤけてしまうのでしょうね。

ホント、名台詞を言ってくれます。でも、それがまたカッコいいのです。改めて映画を見て、今の人に比べると、男前でもないし、背も低いし(オードリー・ヘップバーンとのラブシーンでは台に乗ったとか・・・)、顔も大きいような気もしますが、でも、カッコいいのです。

そのカッコいい男が、一人の女性を思い続けて酒を煽る・・・。字で書くとなんとも女々しい感じですが、それが女々しくないというか、こんなハードボイルドでも人間なんだ。みたいな感覚に陥ります。思い込みって、恐ろしいですね。(〃∇〃)でも、最後はカッコいいですよ。

撮影当時、イルザはどちらの男を選ぶのか?作家さんも悩んだようです。が、私にはこの終わりかた以外、考えられません。

だって、それがボギーだから。(* ̄Oノ ̄*)ホーッホッホ!!
まさに、沢田研二の歌です。「ボギー、ボギー、あんたの時代は良かった。男がピカピカの気障でいられた〜」です。

そして、それに色をつけるのは、あの黒人さんが弾いていたピアノ。「アズ・タイム・ゴーズ・バイ」この曲は私の中では昼下がりの情事の「魅惑のワルツ」と共に、大好きな映画音楽です。

カサブランカ/映画ポスター フレーム(銀)付き
カサブランカ/映画ポスター フレーム(銀)付き

名作映画でペラペラ英会話〈1〉カサブランカ (名作映画でペラペラ英会話 (1)) [単行本] / ペラペラ英会話編集室 (編集); コスミック出版 (刊)
名作映画でペラペラ英会話〈1〉カサブランカ (名作映画でペラペラ英会話 (1)) [単行本] ...

うっとりと夢の世界に浸っていると、だんだん充電されてきます。

今日もがんばる元気がチャージできました。
がんばるぞー♪ヾ(≧▽≦)ノ彡☆


にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 09:46| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

ガス燈

ガス燈

あーこも学校へ行きだして、一段落。

なんとなく疲れが出てきました。疲れているときは昔のモノクロ映画を見ます。(* ̄∇ ̄*)

もう知っている内容なので、ストーリー関係なく、ボーっと見るのです。
おまけに、よき時代のハリウッドは、今の映画のように忙しくないし、悪役もひねっていないので、ゆっくりと、うっとりと、「かわいいなあ」とか、「かっこいいなあ」とか、そんな落ち着いた気持ちで見ることが出来ます。

昨日は「ガス燈」を見ました。( ̄∇+ ̄)
ガス燈 [DVD]日本語吹き替え版 / イングリッド・バーグマン (出演); ジョージ・キューカー (監督)
ガス燈 [DVD]日本語吹き替え版 / イングリッド・バーグマン (出演); ジョージ・キュー...

主演は、、シャルル・ボワイエ、イングリット・バーグマンのサスペンス映画です。

「あー、なんて綺麗なんだろう・・・。バーグマン・・・。」

私はこの人が大好きです。世の中で、一番美人だと思うのです。
モンローのように肉感的ではなく、知的な美人な感じです。
いつも信念を持っている瞳はゆるぎなく、その美しい瞳には吸い込まれそうです。この瞳だからこそ、「カサブランカ」でのハンフリー・ボガードの「君の瞳に乾杯」が、生きてくるのでしょう。ヽ(=´▽`=)ノ

で、「ガス燈」では、夫に狂わされていく主婦を演じています。

自分が愛した男が、実は自分の叔母を殺した男。殺人の原因になった、叔母の宝石を狙って近づいてきた男だったのです。そうして、自分は物忘れが酷い、盗癖がある、と、マインドコントロールされていきます。

その宝石が見つかった時・・・。

お話は、今の人が見るとサスペンス?っていう感じかもしれません。アクションシーンもないですし、ただ、バーグマンの演じるポーラの活発で恋する女性→新婚でウキウキ→疑念→狂気→真実を知ったときの強さが、本当によく表現できていて、うっとりするばかりです。

何を言っても表現できませんが、一度見てみてください。

ああ、「カサブランカ」も見たくなりました。(*´∇`*)

カサブランカ [DVD] FRT-017 / ハンフリーボガード, クロード・レインズ, ポール・ヘンリード, イングリッド・バーグマン (出演); マイケル・カーティス (監督)カサブランカ [DVD] FRT-017 / ハンフリーボガード, クロード・レインズ, ポー...

にほんブログ村 映画ブログ 名作・なつかし映画へ
にほんブログ村

posted by ちゃーちゃん at 12:42| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。