2011年08月03日

ドラゴン危機一発

ドラゴン危機一発
2日前から、BSでブルース・リーの映画が何本かやっていますね。

「ドラゴン危機一発」見ました。小さい頃に見たことがあったのだけれど、あんな内容だったのね・・・。

やっぱり「燃えよドラゴン」のイメージが頭にあるのか、危機一発のなんか、三枚目というか、何にも考えていないようなブルース・リーには違和感を感じます。ヽ(;´Д`)ノ

ストーリーも、田舎から出てきて、製氷会社に勤める喧嘩っ早い兄ちゃんでした。女の子にニタニタしているシーンもあるし、お母さんに心配をかけさせまいと、喧嘩をしないように我慢するシーン、なんか、私のブルース・リーのイメージとはちょっと違いました。私の中では、ブルース・リーはまじめ、サモハンは三枚目、ジャッキー・チェンはその間、みたいな感じだったので。

ま、少林寺で修行とか、一子相伝みたいなイメージは、ジャッキー・チェンや、北斗の拳なんかで後々加えられたイメージかも知れませんね。

でも、あと20分というころからは、ほんと、最強の男というか、まさに強い!!って感じで、スピード感あふれ、戦いを好んでいるような不適な笑みを浮かべながら戦っていました。

戦闘シーンは、ホント、カッコいいですね。

最後の黒幕を倒すシーンでは、10本の指で相手の胸を突いていたので、「ラオウ!?」なんて、思いましたが( ̄Д ̄;;、シュワルツネッガーや、スタローンなんかの創られた強さではなくて、本当に強いんだな!!っていう格好のいい作品でした。

余りにもすばやく鮮やかに敵を殺していくので、思わず、「どうするよ・・・。ただの作業員がこんなに強くておかしいよね・・・。殺すっていうことは、警察につかまるじゃないの・・・。」なんて思いながら見てしまいました。

いつも若くしてなくなった、ジェームス・ディーン、マリリン・モンローのことを”老けずに輝いているまま・・・。これを永遠っていうんだろうな”と、思っていますが、そこにもう一人忘れていましたね。ブルース・リーです。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
posted by ちゃーちゃん at 14:33| Comment(0) | 洋画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。